インターネットがつながらない!

日曜日ですが、仕事が入っていたので朝から翻訳。湿度が高く、気持ち悪くてなかなか集中できません。気温は少し下がっているのか、エアコンつけると寒いし、ああでもないこうでもない、昼食を食べてやっと落ち着いてきたら、なんとインターネットがつながらなくなりました!

遠くで雷が鳴っていたので、どこかでトラブルがあったのかなと、以前やったようにルーターの電源をいったん落とし、1分ほどして再起動しましたが、ダメです。今度はパソコンを再起動していたら、外から作業員らしき声が聞こえてきました。

そういえば、土日にうちの前の道路でケーブル点検をすると通知がきていたような。電話やインターネットがつながりにくいことがあります、と書いてあったような。外を見てみると、目の前でクレーンが作業員を上に上げている最中でした。

これだったのか……。事前に通知があったけど、たいていそういう通知が来ても、不通になるのは数分だし、ちょっと待つか、と思ったら1時間たっても通じません。

もう猶予はならない。まずはiPad(SIMが入っている)で調べ物をしましたが、調べる単語をコピペできないのが案外面倒で、結局はスマホでテザリングし、デスクトップパソコンをインターネットにつないで作業をすることにしました。

しかしとりあえずはつながったものの、やっぱり遅い! 調べ物1つするたびにグルグルグルグル…。「イライラしたら負けだ!」と、努めて平静に、「いつも、これくらいのんびりと仕事してるのよ~」と自分に言い聞かせながらやりましたが、かなり無理しましたね。

結局、点検作業は13時から17時まで、午後いっぱいかかりました。やっと復旧したときには正直へとへと。

まあ、テザリングという手段があってよかったです。かなりデータ量を消費しましたが、いつもたいして使わなくて繰り越しになっているので、その点は大丈夫。

どこかネット環境のあるところへノートパソコンを持って出かける、という手段もありますが、自宅のデスクトップが圧倒的に作業しやすいのと、とっさに行けるところが思いつきませんでした。

それに、安定してスピードの出るネット環境のあるところって案外少ないんです。カフェとかは全然ダメですね。本当にいざというときのために、駆け込める場所を見つけておく必要があるかもしれません。

友人のネットワークはありがたい

先日、ちょっとまとまった量のチェックをしました。友人からの紹介です。その人は中国語ネイティブなので、中→日のチェックを私に任せたいとのことで、依頼が来ました。

他にも頼める知人はたくさんいるはずなのに、私を指名してくれたので、顔をつぶすわけにはいきません。チェックは神経を使いますが、いつも以上に念入りにやって納品しました。

そしたらまた友人経由で、その会社から今度は中→日翻訳の依頼を受けたのです。「先日のチェック、まったく問題ありませんでした」とのコメントももらいました。

友人の顔をつぶさないでよかった、私を指名してくれた期待に応えられたとほっとしましたが、それと同時に取引先を増やせたかなという達成感もあります。

翻訳の仕事を取る、仕事を増やしていく方法の中で、知人・友人経由は案外有効だと思います。

個人的な友人で、つきあいが長ければ、まず人間的なところで信用があるはず。まめに連絡くれるとか、メールや手紙の文面がまともだとか、約束は守るとか、社会人としてきちんとしているかどうかは友だちならわかります。

これって翻訳をする上でも、結構重要な点です。翻訳もやっぱり日本の企業文化の中で仕事をするわけなので。

問題は翻訳の実力です。中国語を通じて知り合った友だちでも、またいくら仲良しでも、翻訳がどの程度できるかがわからないことがあるし、実力がわからない友だちは紹介しにくい。今回紹介を受けた友人は、以前組んで一緒に通訳業務をした人なので、私がどの程度できるかはわかっていたと思います。

反対に言えば、紹介をしてほしいと思うなら、実力を示せる何かを持っていて、友人にも知っておいてもらうのがいいと思います。かといって、友だちとの関係が営業営業しちゃうのもいやだし、難しいですね。

いずれにしても、今回はラッキーでした。私は営業が苦手で、こちらからアプローチして直取りを増やすなんて芸当はとてもできません。今回のように友人からの紹介は本当にありがたい。仕事が継続するかどうかはわかりませんが、何かのときに思い出してもらえるきっかけはできたと思います。

 

最近の受注状況

コロナウイルス、なかなか収束が見えてきませんね。仕事は激減しましたが、ゼロにはなっていません。ありがたいことです。

この2か月ほどの受注を見ると、中国・台湾のエージェントからの仕事がほとんどです。ソースクライアントに至っては、日本企業はほぼゼロ。本当に日本経済はストップしているのかな…と思わされます。

もしかしたら、日本はまだまだ顔を合わせないで仕事を進めていくのに慣れていなくて、滞っているのかもしれません。

去年は夏からすごく忙しかったのですが、あんなに毎日毎日大量にあった案件がゼロになるって、誰が想像したでしょう。しょうがないやと思う反面、そんなに簡単にコロナにやられちゃうのという、残念なような、悔しいような思いもあります。

何もかもオンラインにするのがいいとは思いませんが、中国はオンラインで仕事をするのに慣れていますから、ウイルスの拡大がある程度収まったら、動き出しも早いのかもしれませんね。

うう…愚痴になってしまった。

仕事がなければないで、やりたいことはありますが、それでも依頼のメールが来ると嬉しいですね。今日もちょっとまとまった案件が来ました。明日から頑張ります。

 

パワーポイントの翻訳はストレスフル

最近、企画書の翻訳を立て続けにやりました。これ、嬉しい仕事ではありません。

パワーポイントって、ワードの文書を訳してべたっと打っていくのとは違い、いちいち編集しなきゃなりません。なぜか、編集料金も当たり前のように翻訳料に含まれています。

テキストボックスを1つ1つつかまえて、訳を入力して、たいていは元の文字数より多くなるのでテキストボックスの大きさや位置や文字の大きさを調整し、日本語のフォントに直し…というのをやっていきます。

さらに図があれば、新しくテキストボックスを作って訳を入れ、上にかぶせて下にある中国語を見えないようにしていきます。これもすごい手間。

あと、中国人の作るパワーポイントって色やデザインがすごいんですよね。各ページで色の設定が違うとか、濃い緑のバックに真っ赤な文字とか。いちいちそれに色を合わせなきゃなりません。

企画書の場合、まとまった文章ではなくて箇条書きのようにバラバラなので、その都度どういう意味で書かれているのかを考えなきゃなりません。とつぜん見たことのない単語だけが1行書かれていたりすると、その単語1つを調べるのに1時間くらいかかったり。文書全体は同じ文字数でも、ワードの3倍くらい手間がかかる気がします。

それに今回の企画書は、調べてもわからない単語がちりばめられていました。俗に言う「イケてる」業界で最近使われているトレンディな単語なんでしょうね。日本のビジネス界でカタカナ連発、というのと同じ感覚だという気がします。

漢字なのでばくぜんと意味はわかるんですが、日本語でなんていうかわかりません。「イケてる」カタカナの用語を当てた方がいいのかもしれないし。その業界にいればすぐにわかるんでしょうけど。

そんなわけで、すごくストレスのたまる仕事でした。

 

仕事が入りました

日本の翻訳エージェントはまったく動いておらず、仕事がぴったりなくなりましたが、中国は経済活動が復活しつつあるようで、大量ではないのですが、ぽつり…ぽつり…と仕事が入ります。

何にでもそれを続けてやっていると乗ってくるという感覚があると思います。スポーツで言えば「試合勘」のような。翻訳はスポーツほどではないと思いますが、仕事をたくさん承けている期間は集中力が上がっている感覚があって、「試合勘」に近いのではないでしょうか。でも、これだけ仕事が途切れると、ボケるというか、次に仕事が出始めたときになかなかギアが上がらないのではないかという怖さがあります。

実は中国からの仕事は「知人の紹介だから断るのも悪いし」という感じでもらい始め、とても積極的だったわけではありません。ギャラ自体は日本より少し安いのですが、最初に想像していたほど安くはないし、やれる範囲で引き受けてきましたが、今回は途切れずに仕事ができるということ自体がありがたいです。

COVID-19に関しては、世界中同じ条件なのであまり関係ありませんが、海外からの受注は、リスク分散の意味もあります。引き続きつながっておきたいです。