こんな本読んだ

こんな本読んだ

昨日がなければ明日もない

昨日がなければ明日もない著者 : 宮部みゆき文藝春秋発売日 : 2018-11-30ブクログでレビューを見る»1篇目は殺伐、2篇目は不可思議、3篇目は怒り。おかしなことに、美姫はどこかにいそうなのに、杉村三郎や竹中家を含む周りの人たちはいそ...
こんな本読んだ

お葬式の言葉と風習

お葬式の言葉と風習: 柳田國男『葬送習俗語彙』の絵解き事典著者 : 高橋繁行創元社発売日 : 2020-10-16ブクログでレビューを見る»大学生の頃、田舎の祖父が亡くなったが、当時そこはまだ土葬だった。その時に経験したことがいくつか出てき...
こんな本読んだ

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫)著者 : 三上延KADOKAWA発売日 : 2018-09-22ブクログでレビューを見る»ビブリアの続編出たのねと先日読んだのは、なんと続編の2冊目だったことを知...
こんな本読んだ

ホテルローヤル

ホテルローヤル著者 : 桜木紫乃集英社発売日 : 2013-01-04ブクログでレビューを見る»21世紀という時代に取り残された北海道のはずれ、感情が麻痺し、身体だけになってしまったような女性たち。舞台になった釧路には何度か行ったことがある...
こんな本読んだ

廃品生活

废品生活:垃圾场的经济、社群与空间 著者 : 胡嘉明,张劼颖 生活.读书.新知三联书店 発売日 : 2020-01 香港中文大学の女性研究者2人による、北京冷水村での社会学フィールドワークの成果。 ...
こんな本読んだ

最期の言葉の村へ:消滅危機言語タヤップを話す人々との30年

最期の言葉の村へ:消滅危機言語タヤップを話す人々との30年著者 : ドン・クリック原書房発売日 : 2020-01-21ブクログでレビューを見る»以前、故・千野栄一先生の言語学の講演を聴いたとき、世界にわかっていない言語はほとんどなくなって...
こんな本読んだ

自閉症は津軽弁を話さない リターンズ

自閉症は津軽弁を話さない リターンズ コミュニケーションを育む情報の獲得・共有のメカニズム著者 : 松本敏治福村出版発売日 : 2020-06-17ブクログでレビューを見る»「リターンズ」が出ているということで読んでみた。認知についての話が...
こんな本読んだ

自閉症は津軽弁を話さない

自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く著者 : 松本敏治福村出版発売日 : 2017-04-08ブクログでレビューを見る»新聞の広告を見て、ぜひ読んでみたかった。期待通り、すごくおもしろかった。ASDや発達障害に...
こんな本読んだ

ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~

ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~ (メディアワークス文庫)著者 : 三上延KADOKAWA発売日 : 2020-07-18ブクログでレビューを見る»ビブリアは気に入って欠かさず読んでいたので、シリーズ再始動という新聞広告を見...
こんな本読んだ

路 (文春文庫)著者 : 吉田修一文藝春秋発売日 : 2015-05-08ブクログでレビューを見る»うーん。台湾新幹線を絡める必要があったのか、疑問。台湾と日本とのつながりを強調したかったのかもしれないけど、それは人と人のつながりで示せばよ...
タイトルとURLをコピーしました