漢文の勉強は一段落です

漢文ひとり学び』の勉強を終えました。

高校の漢文のように句型を覚えて、それをあてはめつつ読むというやり方ではなく、訓点は一切出てきません。でも、書かれていない訓点を想定しつつ読んでいることがあるんです。若い頃たたき込まれたことって、忘れていないものです。

かと思えば、そのまま中国語読みして理解していることもありました。つまり、漢文(中国語の古文)を読むとき、漢文と文言文それぞれの断片的な知識を総動員しながら読もうとしているということですね。

翻訳している現代中国語の文章の中に、古文らしき言い回しの引用が出てきた場合、訳文に漢文の読み下し文を入れることが多いと思うので、読み下せるようになれたらいいなということで復習していたのでした。

でも今回ひととおり復習して、簡単に読み下せるようにならないことがわかりました。でも同時に、この本と漢和辞典を頼りにすれば、皆目見当がつかないこともなさそうです。というより、ここからいろいろな漢文を読んで訓練していくものなのですよね。

最後の課の課題文が思ったより読めたのと、漢文の訓練を本格的にする必要が今はあまりないので、これで一段落にしようと思います。忘れていた高校時代の知識を思い出せたり、現代中国語文法と関わる部分がわかったり、漢文の読み下し文が日本語の古文と同じではないことを知ったり、いろいろな発見がありました。

それから、漢和辞典は絶対あった方がいいと思いました。以前1冊持っていたのですが、いつの間にか処分していました(たぶん引っ越しの時)。探すとその新版が出ていたので、注文しました。以前は気づきませんでしたが、辞書の最後の資料編にも漢文についての説明があります。

全訳漢辞海 第四版
全訳漢辞海 第四版 (日本語)
戸川 芳郎 (監修), 佐藤 進 (編集), 濱口 富士雄 (編集)


すごい参考書を手に入れました

近くにブックオフがあります。図書館よりだんぜん近いので、ついつい行ってしまいます。ネットで本を買うのも悪くはないけど、「こんな本があるんだ」という思いがけない発見は、実際に本がたくさんある場所でないとできません。

今日も買い物ついでに寄ったんですが、すごい参考書を手に入れてしまいました。

新国語総合ガイド
新国語総合ガイド (日本語)
樺島忠夫 (著), 井筒雅風 (著)


要するに、高校の国語の参考書です。「古典編」「現代文編」「漢文編」「国語表現編」に分かれ、それぞれの時代背景、有名な文学作品、作家、日本語…などなどについて、網羅的に解説している本です。

といっても、決して浅くありません。漢詩の項では、しばしばスルーされてしまう平仄についても(簡単ですが)ちゃんと説明されています。

全ページカラー。たとえば「枕草子」のすさまじきものやうつくしきものの絵だとか、「こころ」で先生が歩いた本郷のルートだとか、五丈原や赤壁の写真だとか、いろんなものが図解で載っています。言葉だけ、上っ面だけでなく、書かれているものを現実のものとして見ることができます。

以前、『翻訳地獄へようこそ』という本を読んだときに「The London Encyclopaedia」という本が紹介されていたのですが、これも日本語日本文学について、同じように使えるかもしれません。

願わくば、中国語でこういう本があったらなあ。でも、この本の「漢文編」だけでもかなり参考になりそうですし、ぱらぱら見るだけでもおもしろそうです。

 

漢文もできなければいけませんね

先日「国会図書館に行きました」という投稿で、翻訳原稿に毛沢東のことばが出てきたときのことを書いたのですが、「通訳・翻訳ブック」のサイトに、古典の引用についての記事がアップされていました。

みんな苦労されているんですね…。

有名なものならインターネットでも調べがつく可能性が高いですが、出典がわからない、もしかしたら出典はなくて筆者が古漢語で書いているだけなのか、わからない場合もあります。そうすると最低限、読み下しができて、何が書いてあるかわからなければいけない。

記事の中で竹内さんはさらっと読み下していらっしゃいますが、簡単なことではないです。

私は高校時代と大学院時代の貯金で読み下していますが、もうその貯金は使い果たしました。先日は「作」で誤訳してしまいましたし(やはり古漢語は難しいです)、天の声が勉強しろと言っているのかも。

コロナウイルスの影響で仕事が減っているので、このすきに少し復習しようかな。


標準中国語作文

すっかり夏休み気分ですが、世間は仕事をしているので、ちらほらと翻訳の依頼が入ってきます。腰痛をだましだまし、お仕事に励んでいるわけですが、気晴らしに「新しい中国語テキスト出てないかな~」と探してみたら、こんなのがありました。

標準中国語作文―模範解答・音声付き
標準中国語作文―模範解答・音声付き
長谷川 寛 (編さん), 張 世国 (編さん)


往年の名著の復刻版でございます! さっそく書店にお取り置きをお願いしました。

今度のは模範解答と音声付き。しかもこの模範解答というのがすごくて、3人のネイティブが自由に訳したものを並べて掲載しているというのです。同じ日本語でも人によって少しずつ違う中国語になる、それを比べられます。

20年近く前にも、日本人が訳したものとネイティブが訳したものを並べて比較できるようにしたテキストがありました。

中国語表現300例―日本人の発想・中国人の発想
中国語表現300例―日本人の発想・中国人の発想
中山 時子 (著), 趙 閭先 (著), 佐藤 光 (著)



このテキストも買って読んでみたのですが、当時まだ中国語力がなかったということもあったのでしょうが、元になる日本語の文がかなり複雑で、訳した中国語も人によってぜんぜん違って当たり前、何をどう比較して勉強したらいいのか、正直あまりピンと来ませんでした。

でも今回のはこんなに複雑な日本語ではない。中国語の基礎となる文型ばかりです。それが人によってどう違って訳されるのか、とても興味があります。

学校で中国語を教えていて、新しい文型練習のための日本語から中国語への翻訳をよくやりますが(テキストにもたくさん載っている)、入門・初級段階でも人によって訳が違ってくるので、これは参考になりそうです。それに教科書によっては練習問題の数が少ないこともあるし、ここから適当にピックアップしてやらせるのもいいかも。

コツコツとたくさんの問題を解いて、水滴をためるように語感をためていくようなタイプのテキストは流行じゃないのかもしれません。でもこれは名著で、中国語学習者にぜひやってもらいたい。そこで3種類の模範解答と、今や標準装備となった音声付きに踏み切ったのでしょうか。企業努力です。

 

中国語雑誌

現在発行されてる中国語の雑誌は「聴く中国語」だけになっちゃいましたね。「中国語ジャーナル」ができたときは、ついに中国語もオシャレな言語になったかと錯覚しましたが、今はもうありません。出版不況、特に雑誌が全然売れないのでしょうがないんですけど。

私が好きだったのは老舗・内山書店の「月刊 中国語」でした。休刊になった後も、神保町の本店にはバックナンバーが置かれてたんですが、今はそれもなくなったみたいです。白水社の「ふらんす」なんてまだ出ているので、なぜ中国語がダメなのか…残念です。

そんな景気の悪い中、細々とかつての中国語雑誌の雰囲気を残したものが発行されてます。「中国語の環」です! 以前は独立した出版物だったはずですが、今は年に3回行われる中国語検定の案内・申込書に綴じ込まれていて、つまり無料です。中国語検定協会のHPで、綴じ込みになってからのバックナンバーも見られます。

これ、ほんと地味なんですけど、ていねいに読むとなかなかおもしろいし、役立つ記事が多い。中国語を教えるようになったからかもしれませんが、なるほど~、こう考えればいいのね、というヒントがあったりします。

実はこれでしばらく「絵で見る成語」という連載がありました。1回12個の成語にイラストと簡単な説明がついているだけ、全部で15回連載されたんですが、今度、私たちの学習会でこれを勉強することにしました。毎回12個の成語を覚え、ネットで見つけたその成語の例文を音読したり訳したりという、実に地味な勉強法でやります。

学習会では以前「おぼえておきたい中国語成語300 (おぼえておきたい中国語300双書)」のカードを作って死背したこともありましたが、今回はもう少しじっくりと、以前と違う成語も入っているので、これはこれでおもしろいかな、と。

「中国語の環」では今、「絵で見る慣用語」が連載されてます。その次は歇后語、諺語と続くかな? 楽しみです。