愛を読むひと

ブルガリアに行く飛行機の中で、Amazonプライムビデオで。

美しい映画だった。久しぶりにもう1度見たいと思う映画だった。

ストーリーテラーはマイケルなんだけど、主人公は明らかにハンナだった。ハンナは最初から最後まで謎だらけだ。ハンナは自分が何を思っているか、まったく語らないから、想像するしかない。

彼女は夢の世界を生きていたのだと思う。マイケルとの恋愛も、ナチス親衛隊も、夢の世界のできごと。それを可能にしていたのがなんと「字が読めない」ことだった。

だから、字が読めるようになったときに、現実に絶望したのかもしれない。マイケルとの恋愛が異常だったこと、ナチスが何をやって、その中で自分が何をしたのかという現実。マイケルもその現実に絶望したんだろう。

ハンナはマイケルを愛していたんだと思う。当時はマイケルがハンナを追いかけていて、ハンナの心はわからなかったけど。だから、現実の自分に、マイケルとの関係に耐えられなくなったんだと思う。

ハンナとは誰だったのか。映画だけではわからなかったところを知りたいので、原作も読んでみようと思う。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です