サイトを見直したら初心を思い出しました

緊急事態宣言が解除されました。

外出自粛要請が出て、エージェント(と大元のクライアント)がリモートワークになり、仕事が減り始めたときは、「時間ができた!」と真っ先に思いました。

在宅で翻訳者をやっていると、自由で時間的にゆとりがありそうに思われますが、案外そんなことはないです。時間の使い方が下手なのかもしれないんですが、やっぱりいい翻訳にしたいので、あったらあっただけ時間をかけちゃいますしね。

せっかくだからこれを機に、まとまったことをしたいと思ったんですが、たいして何もできませんでした。

根本的な中国語を読み解く力を上げたいということに関しては、ひととおり漢文の復習ができたくらい。でも一応1冊テキストをやり上げたので、達成感はあります。

これまで翻訳した資料の整理は少しできました。Tradosを使うようになったので、これは引き続き時間をみてはやっていきます。

それから、オンラインでwordpressの講座を受けて、サイトの記事をだいぶ整理しました。整理しながら過去の投稿記事をいくつか読み返したんですが、以前はどんな気持ちで中国語や仕事に向かい合っていたのかを思い出せました。

初心などというと照れくさいですが、昔は必死でしたね。

中国語と関係のない、まったく客観的な立場の人にサイトを見てもらって意見を聞くことで、サイトに書いてあることを自分も客観的にみることができたんだと思います。これは忙しい時期には絶対できなかったことなので、もしかしたら自粛期間中の1番大きな収穫だったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です