なかなかIMEが決まりません

ATOKをやめてGoogle IMEに移行したところ、Wordのタブをいじるとフリーズしてしまうという不具合が出て、がっくりきていたのですが、さらにもう1つ不具合が出ました。ときどき、打っている文字に変換候補のポップアップがかぶさるのです。

どういうときにこうなるかは決まっていなくて、1つのアプリを使っていても出るときと出ないときがあります。これは致命的。予測候補を表示させなければいいんですが、タブをいじるとフリーズっていう問題は残ります。

そんなこんなしているうちに、ATOKがバージョンアップしました。

もしかしたら、単文節変換の問題、直ってるかも…と思ってトライアルをダウンロードしてみたところ、なかなかよいような気がします。前ほど単文節変換でいらっとすることがないです。

でもpinconvを使うとバックスペースキーで半角空白が残るというのは相変わらず。それから、中国語入力(谷歌拼音输入法)と日本語入力との切り替えをwindow+spaceでやっているのですが(なぜこう割り当てたのか、もう覚えていない)、日本語→中国語→日本語に戻ってくると、かな入力になってしまうので、いちいちローマ字入力に直さなきゃなりません。

そんなわけで、どちらもちょっとしたところが使いにくい。今のところは新しいATOKのほうがましなような気がしますが、お金がかかるので、トライアルの期限いっぱいまで使って考えます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です