ビブリア古書堂の事件手帖

年に1度の邦画鑑賞…というわけでもないけど、ダンナが黒木華をお気に入りで、見に行った。

テレビの剛力ちゃんのイメージが意外にも強くて、最初は黒木華がわざとらしい気がしたけど、だんだん慣れてきた。大輔くんは、私は野村周平のほうがいいかな。って、テレビとの比較ばかりしてしまった。

でも、テレビも映画も原作のよさを完全に出せてないのは同じ。栞子さんが違うんだよねえ。その時点、でもうアウトだと思う。

大輔のおばあちゃんの話がふくらませてあって、映画としては完結してるなあという印象。東出昌大が色気あって、何の役にもたたない文学にかぶれるダメさ加減がよく出てました。

私がこのシリーズで一番気に入ってるキャラは、実は妹の文香なんだよね~。とにかく健康的。ほかの登場人物が1人残らず病んでるので、ひときわかわいいです。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編(主題歌入り)
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメント

タイトルとURLをコピーしました