少林寺

日々のこと

ツアーはバス代だけ30元というもので、見たくないところは見なければ入場料はいらないと言われていたのだが、少林寺近辺は3箇所がセットになっていて入場料計155元、ガイド料5元。見たいところは少林寺だけなのに、抱き合わせもいいところだ。しかし、そうでもしなきゃ観光客が来ないんだろうなあ。

「嵩山少林景区」は入場料100元、武術の表演と少林寺と塔林が含まれている。まるでテーマパークのように商業化されていて、見やすいしきれいだったけど、1回行けば十分だ。表演も手慣れてはいるけど、完全にショーで、武術のよさは全然感じられなかった。

お寺で「武術がうまくなりますように」(一応ね)とお賽銭をあげて祈っていたら、横にいるお坊さんが「こっちに来て紙に名前を書け」という。わからないままに名前を書くとガイドが「お坊さんがお経を上げてくれる」と言うので、同学と「お金がいるのか」と聞いたら「功徳だ」と言って賽銭箱を指差す。そして何か小さい仏像みたいなものをくれたり、その紙を持って祈れとかなんとかいろいろ指図する。私たちは途中何回か「これってお金がいるの?」と聞いたんだけど、はっきりしたことを言わない。

しかし最後の最後になって「100元出せ」と言ってきた。「さっき聞いたとき何も言わなかったのに、いるなら最初に言うべきでしょう」と言ったらガイドが「じゃあ3人で100元でいい」といきなり値下げ。同学2人は「いらない」と言って仏像を返して出て行ってしまったのだが、ガイドは私をつかまえ「じゃああなた1人で30元でいいから」と言う。私も「こんなやり方は納得できない」と言って出てきてしまったが、ガイドはそれからものすごく機嫌が悪くなった。

私たちは最初からあやしいと思っていたので、「やっぱり」くらいにしか思わなかったのだが、露骨にお金の交渉をしてはいけないお坊さんに代わってガイドがあれこれ言うあたり、完全にグルだ。きっとバックマージンがあるんだろう。

IMG_0927

一番奥に塔林1)映画「少林寺」でかくれんぼをしたところ。私はすっかり忘れていたが、同学が旅行前に映画を見て予習して教えてくれたがあるのだが、それを見終わった時点で4時15分。テーマパーク内を走る電気自動車みたいなのがあって1回5元なのだが、ガイドは「バスの出発は4時半なので、それに乗らなければ間に合わない」と言い出した。私たちを含め、お客さんがみんな「歩いていく」と言ったらガイドは「駐車場まで2キロ以上あるから30分かかる」と言う。それを無視してみんなで歩き出したら「歩いてなんか絶対間に合わないからね!」と捨てゼリフ。どうもこれにもバックマージンがあるらしい。

出入口にたどりついたらすでに4時45分だった。でも私たちより後ろを歩いていた人もいたので、急いで売店に駆け込んでTシャツだけは買った。同学がか細い声で「安くして」と訴えたら20元のシャツが一発で15元になった。すごいぞ!

武器も見たかったのだが、鋼鉄製は日本に持ち込めないし、前に行った人から棍が20~30元と聞いていて、棍なんてふつう10元くらいが相場だから絶対買うわけはないし、まあいいということにした。

もし少林寺に行こうと思う人がいたら、私たちは時間がなくて捜せなかったんだけど、ふつうのバスで少林寺まで行き、100元だけ払って見るのがいいと思う。でももしかしたらそんなバスないのかもしれないけど。

駅前で夕食を食べたら、安くておいしかった。ガイドブックに洛陽の料理は量が多いと書いてあったが、確かに何もかもが山盛りでおなかいっぱいになった。名前はわからないけど、駅を出て右側の長距離バス乗り場の向かいの角です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

1 映画「少林寺」でかくれんぼをしたところ。私はすっかり忘れていたが、同学が旅行前に映画を見て予習して教えてくれた

コメント

  1. こつぶ より:

    同学の予習(≧m≦)!なんだかかわいい~。観光地はそんなものかもしれないけど後味わるいですね、お金。わたしなんかエジキになりそうです…。

  2. cowley より:

    観光地ではこのテの話には事欠かないようです。中国人にもこころよく思ってない人がいっぱいいます。お互い、気をつけましょう!

タイトルとURLをコピーしました