ある日、アヒルバス

 
ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)
山本 幸久(著)

正直、若い人の読む小説だなという感想。キャラクターやエピソードがパターン化している。読んでいて楽しいというより、少し苦痛だった。
すでにテレビドラマになっているけど、確かに映像にしたらおもしろいだろうなと思う。小説が映像に近づいているのかもしれない。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019