神去なあなあ日常

出版からだいぶたったけど、やっと読めた。
私はお仕事小説が好きなので、前作の「なあなあ日常」を楽しく読んだ。今作も楽しかったけど、神去村の人々のことがメインで、お仕事については期待したほどではなかったかな。
今作で印象に残ったのは20年前のことについて話すヨキ。山は、生きている人とあちらの世界の境界にある、というのが皮膚からわかってくるようなエピソードだった。ある意味で、この部分だけで十分お仕事小説になっていると言えるかもしれない。
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です