BGMにOblivionを聴く

翻訳作業をしているときには、基本的に音楽は聴きません。特に歌詞があると、たとえ知らない言語でも頭がぐちゃぐちゃになります。歌詞がなくても、知っている曲はメロディを追ってしまって集中できないのでダメです。

普通はしーーーんとした状況で仕事をしているか、あまりに音がなくてさみしいときには雨の音をYoutubeで聴いています。

でも翻訳ではなくて、ほかのことで書類を作っているとか、ファイルの整理をしているとか、あまり根を詰めない作業では音楽を聴くこともあります。それでもやっぱり歌詞があるのは好きじゃないんですけど。

最近はまりにはまっているのがアストル・ピアソラのOblivionです。Youtubeで探すとすごくたくさんあるので、片っぱしからリストにしてシャッフルして聴いています。同じ曲なんだけど、楽器によって、アレンジによって、すごく表情豊かで、全然飽きません。

中でも一番気に入っているのはこれ。曲もいいんだけど、ダンスがものすごくセクシー。女の人はともかく、男の人はそこらのおじさんみたいな感じなのに…真っ昼間からこのセクシーさは反則でしょ…周りの人、よく平気でお茶なんて飲んでられるわね…と見入って手が止まってしまうので、要注意です。

Astor Piazzolla – Oblivion
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメント

タイトルとURLをコピーしました