オリンピック開会式

本格的に夏休みになり、十分休んだつもりなんですが、どうにもスッキリしません。腰痛も完治とはいかないし、夏風邪をひいて1週間以上咳が続いてます。

その間にも大学の成績つけをしなきゃならないし、ありがたいことに久しぶりの中文和訳のお仕事が続けて入ってきたり、今後のことを考えて新しい翻訳会社のトライアルを受けたりして、やっぱりあんまり休んでないのかな?

来月初めに大会を見に、台湾へ5日ほど行こうかと思っていたんですが、まだぐずぐずしてチケット探しもしてません。

そんな中、やっぱりオリンピックは見てしまいますね。一応見るか、って感じで開会式を見ていると、某国の旗手の後ろを歩く役員の中に、なんと武術の審判仲間を発見!!!

さっそくFBで「リオに行ってるの?TVに映ってたよ」と連絡をとったら、「そうだよ」との返事。某国体育界の偉い人になったのは知っていたんですが、大会で一緒になるとバカを言い合う仲間なので、こんなに偉いとは、ホントにびっくりしました。

夜の再放送で待ちかまえていて、映ったところを写真に撮り、またFBで送信。すっかりはしゃいだので、疲れてぐったりです。

台湾に行ったらたぶん会えると思うけど…。どうしようかなあ。

腰痛その後

一時は寝たきり生活を余儀なくされた腰痛ですが、なじみの鍼灸師さんのおかげで山を越えました。一応、手術は回避ということで。よかった。

とはいえ、今度は逆に1)いつまで痛み止めを飲み続けなければならないのか? 2)痛みが今のレベルで延々と続いたらどうするのか? 3)いつから武術の練習に復帰できるのか? などの問題が出てきました。

1)は様子を見ながら少しずつ減らして行きましょう、2)は通常はそういうことはないけど、もしあまりに改善しなければその時手術を考えましょう、とお医者さんに指導を受けました。念のため月1くらいのペースで様子を見てもらいます。

しかし3)は難しい。鍼灸師さんには「そろそろ、うずうずしてるでしょう」と言われますが、私はさほど練習熱心でもないので、そんなことはないです。とはいえ、このまま一生やらないことは全く考えられないので(こういうのをうずうずしていると言うのか?)、どこかのタイミングで復帰しなければなりません。

調子のいい日は、もう練習できるなと思いますが、痛みのある日は、まだ絶対無理と思ってしまう。動いてみて痛くなったらどうしよう…という怖さが先に立ちます。

幸い来週後半から仕事が夏休みなので、練習して痛みが出ても寝ていられるなあ…。近々1回チャレンジしてみようかな。

インチョン

インチョンへ行ってきました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

“ハンシク”も堪能です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

それにしてもしみじみ思うのは、字が読めないってこんなに不便なのかということ。ホントにがっくりです。
あと10年若かったら「ハングル勉強するぞ!」と思ったかもしれませんが、もうそんな気力はなし。
それでもとっても楽しかったです。

全日本選手権

全日本選手権終了です。ああ、疲れた…。

最近、また武術の仕事が楽しくなってきました。一時期は責任を感じるばかりでつらくて味気なかったんですが、去年くらいから仲間の顔を見ることや、知っている選手が上手になっていくことがうれしいと感じるようになっています。

今回は本職の方の仕事を抱えていて、夜ホテルで少しずつでもやろうと思っていたんですが、結局できず。なぜかというと、仲間で食事に行っちゃって、飲んじゃって、楽しくなっちゃって、帰りが遅くなるからです。気分が沈んでた数年前の一時期は、体育館からホテルに帰って(帰り道でチューハイかなんか買って)、そのまま部屋から一歩も出なかったんですけどね。

とはいえ、これじゃただの学生ノリの飲み仲間でしかなくなっちゃうので、武術界に貢献できるよう、ちゃんとした仕事もしないといけません。気を引き締めて。

さてこれは唯一飲まなかった日、妹分(子分?)と一緒の夕食です。

DCIM0399

30年

先週末はここにいました。

第30回全日本選手権

私が初出場したのは第4回大会なので、すでに27年もこの大会にかかわっていることになります。はあ~
今大会は、30回記念大会ということで570人の愛好者による集団演武が披露されました。

太極拳集団演武

素直に、すごい…。

なんでこんな、人にも知られず、お金も稼げず、名誉にもならない活動をやり続けているのかと普段は思うんですが、大会に来て、昔の仲間に会ったり、新しい仲間を迎えたり、こんな演武を見たりしていると、やっぱり続けちゃいます。
ま、こんな人生もアリですよね。

西安

2年半ぶりに西安に行ってきました。メインは太極拳の練習でしたが、街の様子などをちょっとご報告。

今回は行く前も後も、周りの人から言われるのは大気汚染の話題ばかり。西安は空気が汚いのが常態化しているので、今さら何を…であります。それでも日曜日に工場が休みで通勤の車がないと、空気もこれくらいにはなるんですよ。
Exif_JPEG_PICTURE

街を歩いていると、道ばたに看護師さん?! 病院の宣伝ティッシュを配っていました。たぶんほんとの看護師さんではなく、コスプレでしょう。ちなみにティッシュは「疤痕」をきれいに治しますという宣伝でした。
Exif_JPEG_PICTURE

本命の太極拳です。郊外の農村の太極拳クラブのみなさん。家具展示場のソファをすみに寄せて練習しております。
中国では練習でも太極拳演武用の服を着ます。日本ではTシャツにジャージか太極拳パンツ。演武用の服は高くて練習になんて着られません。
Exif_JPEG_PICTURE

練習後、みんなで食事へ。メニューを頼んだら出てきたのはiPadでした。うーんこんな農村のレストランでもこれか。「不懂电脑,饭也吃不到」と言ったら大受けしました。
Exif_JPEG_PICTURE

みなさんおすすめのデザート。こんがりさくさく揚がってます。
Exif_JPEG_PICTURE

なかみは水あめで固めた木の実のようですね。確かにおいしいけど…明日は練習を増やさなければ。
Exif_JPEG_PICTURE

西安の城壁の下にある公園は大好きな散歩コース。秦腔を歌う人やら、バドミントンをやる人やら。これは象棋、白熱してます。
おとうさんかおじいちゃんに連れられて来た子、英才教育か。数年後には一人前の棋士になるでありましょう。
Exif_JPEG_PICTURE

西安ではちょうど桜が咲いていました。きれいだけど、ボリュームがいまいちなんだよねえ。千鳥ヶ淵の夜桜を知っている日本人はそっと心の中でけちをつけてみるのでした。
Exif_JPEG_PICTURE

趣味

全日本大会終わりました。精も根も尽き果てたってくらい疲れました。何か1つの問題があると、大げさでなく全身全力で立ち向かわなければ、一歩も前へ進めません。今回も、泣きたいくらいきついことがありました。と言っても、それほどご大層な世界だということではなく、たぶん、私が勝手に打ち込んじゃってるだけなんでしょう。

試合に出なくなってからは、一愛好者として楽しむ道もあったのに、なぜだかこの世界で仕事をすることになっちゃいました。武術界にとってこれでよかったのか、今も迷っています。自分ばっかり一所懸命のつもりでも、みんなの役に立っているのかどうかわかりません。

でも、自分自身としては、まあ満足してます。プロなら、みんなの役に立ってもいないのに満足できるなんてことはないはず。だから、私にとって武術はどこまでいっても「趣味」なんです。

たぶん、永久にプロにはならないでしょう。最近はお金をいただくこともありますが、それを目的にしてやってるわけではないので、お金をもらわないからやらないということはないし、打ち込みぶりがそれで左右されることもないです。自分の勝手な打ち込みぶりに自分だけで満足できる。

いや、もしかしたらこのスタンスがみんなに迷惑をかけているのか? お金とひきかえにさくっとクールに仕事を片づけてくれるプロの方がありがたいのかもしれない…。いや、そうなったら、その時こそ一愛好者としてのんびり太極拳でもやりましょう。

珍しく、武術ネタでした。