翻訳地獄へようこそ

翻訳地獄へようこそ 宮脇 孝雄 (著) おもしろかった。というより、勉強になった。誤訳やまずい翻訳をしてしまうときは、たいていもう一歩の踏み込みが足りない、文化の知識が足りないというのは中国語訳も同じ。ただ、自分が訳して…

Continue reading →