国会図書館に行きました

実務翻訳がメインなので、いつもは技術関係やビジネス関係ばかり訳していますが、たまに学術書や学術論文の翻訳を手がけることがあります。そういうものは引用に気を使います。

先日もある学術的な文章を訳していて、変わった表現にぶつかりました。変わってるというのは、それまでの文体とちょっと違う気がしたということです。

意味はわかったので最初はそのまま訳したのですが、「おもしろい表現だなあ」とひっかかったので、百度で検索にかけたところ、なんと毛沢東の著作にある表現だったのです!!

こうなると、必ず原文にあたらなければなりません。毛沢東の著作なら、すでに日本語訳が出ている可能性も高い。最終的にどういう訳にするかは別にして、訳書があるか探し、あればそれにもあたる必要があります。

さすがに毛沢東の著作なので、原文は百度ですぐに見つかりました。これを訳すわけではないので、どんな内容の本で、どんなふうに使われているかわかれば、まあいいです。

次に書名を手がかりに、日本語訳がないかを探します。こういうとき漢字はありがたい。日本語訳の書名が中国語の書名とほとんど同じであることが多いからです。アルファベット言語はそうはいかないかもしれません。

Amazonでは見つからなかったので、国会図書館のサイトで検索したら、ありました。やっぱり訳書が出ていました。かなり古い本だったのでAmazonにはなかったわけです。先にこっちを探せばよかった。

ということで、国会図書館にでかけて行きました。その本はすでにデジタル化されていたので、館内のPCでデジタル版を見て該当箇所を探し、プリントを申請して、もらってきました。わずか15分。無事に探索終了です。

たった数文字にこれだけの手間をかけなきゃいけないのは、大変と言えば大変ですが、検索してこんなにあっさり見つかったということは、知っている人は知っている表現だということです。私が不勉強で知らなかっただけ。和歌の本歌取りみたいなもので、著者は「この表現、わかるよね」と思いながら使っているわけですから、「はい、わかります」と訳さなければなりません。

手間ひまかけるのが大変というよりも、あのとき「ん?」とひっかかって検索かけてみたのがすごいぞ、自分! とても達成感のある探索でした。

翻訳者の朝のルーティン

いま流行りの「朝のルーティン」、私はこんな感じです。

目が覚めたらまずふとんの中で顔のマッサージをします。リンパを流すってやつ。ひととおりやるとぱちっと目が覚めます。これは目の疲れがひどいのでやり始めたんですが、全体に顔のむくみがとれて、少し小顔になりました。

Google Homeに声をかけ、天気予報など聞きながら次はストレッチ。昔から腰痛持ちで、数年前にはひどいことになった経験があるので、「簡単で効果あり!」というストレッチをネットで見つけると試してみて、確かに簡単で効果があるなと感じるのをいくつかやっています。おかげで調子いいです。

起きて身支度、朝ご飯、新聞に目を通して、かんたんに部屋を片付けて…という普通の朝。

それからパソコンに向かいます。まずは昨日の日記をevernoteに。何をしたか、何があったかを簡単に書いて、写真を撮っていたらそれも添付します。evernoteは完全に情報収集ツールじゃなく、ライフログになっちゃってますね。家計簿アプリに昨日の出費も記録。

本当は夜やるべきなんでしょうけど、夜はパソコンやスマホの画面をなるべく見ないようにしたいので、翌朝やっています。

新聞で気になるニュースがあったときは、ネットでも見ます。日経を見ることが多いかな。でも無料会員なので読めるのは月に10本まで。有料会員になりたいけど、高いのでずっとこのままです。

それから、定期的に読んでいるブログをひととおり巡回。以前は中国語学習関連のブログをたくさん読んでいたのですが、SNSに移る人が多いのか、更新されなくなってしまったものが多くて、今年に入ってだいぶ整理しました。いま読んでいるのは更新頻度が高いものばかりです。私もせっせと更新しなきゃ。

このへんまで来るとウォーミングアップ終了。さっ、仕事、仕事という気分になっているので、翻訳を始めます。

札幌にいた頃は通訳や講師の仕事もしていて出かけることが多かったのですが、去年首都圏に戻ってからはほぼ翻訳だけになって、だんだんこういうルーティンができてきました。ついでに朝型になりました。午前中が勝負です。

 

繁忙期です

夏から秋にかけての怒濤の出張ラッシュも先週の仙台を最後に終了しました。いつも行って仕事して帰るだけなので、観光などほとんどできず、地元のおいしいものを食べ、駅でおみやげを買うのがささやかな楽しみです。

最近、駅のおみやげ屋さんってすごく充実していますね。仙台も何回か行っていますが、そのたびに珍しいものを見つけられるのでうれしいです。今回は金華サバの生ハムというのを買ってきました。冷凍なので、まだ手をつけていません。楽しみ~

これはおいしい仙台のお寿司。北海道もお寿司はおいしいのですが、ちょっとシャリが大きいのが玉に瑕。だんな曰く「仙台の寿司は垢抜けてる」だそうです。

おいしい思い出に浸っていたいところですが、帰ってきたら仕事が忙しくなりました。今年は8月くらいから受注が増えてると感じてたんですが、10月11月になってさらにその傾向が顕著になっています。

仕事の件数が多いというより、1件の分量が多いです。小さいのをちょこちょこやるより効率がいいのでありがたいですが、納期が読みづらい。何日でできますかとか聞かれても、1週間2週間先のことなんて答えられないなあと思ってしまって、翻訳者としては失格ですね。

今日も2件打診がありました。どちらもかなりボリュームのあるパワポ。パワポは手間がかかるので、若干気持ちは引きぎみなのですが、やれるタイミングで受注したらがんばるしかないです。

非常に忙しいです

秋から翌年の年度末くらいまでは翻訳の受注が増える、いわゆる繁忙期になります。ところが今年は、少し前倒しで8月から非常に忙しくなりました。

いくつかのエージェントから仕事を受注していますが、不思議なことに大量の仕事が入ってくる会社が毎年1社ずつあります。今年も1社さんから「もうかんべんして」と言いたいくらいの大量の翻訳が入っています。

おもしろいことに2社はないんですよね。こんな大量の仕事が2社から入ったらつぶれちゃいます。

そんなわけで、この秋は非常に忙しいです。まだパソコンも買い換えられていません。でも消費税上がる前に買わなくちゃ。

翻訳地獄へようこそ

 
翻訳地獄へようこそ
宮脇 孝雄(著)


おもしろかった。というより、勉強になった。誤訳やまずい翻訳をしてしまうときは、たいていもう一歩の踏み込みが足りない、文化の知識が足りないというのは中国語訳も同じ。ただ、自分が訳してると、これ、変じゃない?と立ち止まれないのも事実。感性なのか、経験なのか。
それから、英語翻訳では参考書が豊富なのはうらやましい。The London EncyclopaediaとかWatching the Englishとか、中国語でもこんな本があったらなあと思う。

中国と台湾のカッコの違い

中国の知人に頼まれて中日訳をときどきするのですが、その知人がものすごく約物にうるさい。カッコなら、日本語の「」と『』はどう使い分けるのか、中国語の《》とはどう対応するのかなどをいちいち聞いてきます。

おかげで私もその都度、共同通信の『記者ハンドブック』や『日本語表記ルールブック』を確認し、最近はつられてかなり敏感になってきました。

ところで、私は日中訳のチェックの仕事も承けていて、簡体字(中国大陸)、繁体字(台湾)の両方やっているんですが、訳文の中に「」が使われていることがたまにあるのです。

私は大陸中国語を勉強したので、「」を使ってはいけないとたたきこまれています。「」があると、これは翻訳者が日本語原稿に上書きして、そのまま残しているのだろうと思いながら修正を入れています。

でも、台湾はどうなんだろう。台湾のサイトでは「」を使っているのをよく見るので、台湾は使うのかな~などと漠然と思っていたのですが、なんだか気になって調べたら、こんなサイトがありました!

これによると、「」は引號として使うことができます。なんとなく感覚で使えるのかと思ってたけど、ちゃんと根拠があったんですね。うわ~なんでもっと早く調べなかったんだろう。自分をひっぱたきたいくらいです。

中国のものは表記の手引書を買って持っていますが、サイトでも見ることができます。こっちの方が本をいちいち出すより便利かな。

 

仕事は友だちから

通訳を始めたころ、ペアを組んで一緒に仕事をした通訳者仲間がいます。とても優秀で、人柄もよくて、自慢の友人でもあります。

彼女が大口の翻訳を受注するために会社を立ち上げたのだそうです。私に登録翻訳者になってほしいと連絡がありました。ベテラン通訳者・翻訳者なので人脈は広いし、優秀な人材をいっぱい知っているはずですが、私に声をかけてくれたのです。うれしいことです。

翻訳者を目指す人がどうやって「初仕事」を取るかについて話すことがありますが、友だち(知り合い)に紹介してもらうっていうのが案外多いんじゃないかなあ。という私も、最初の何件かは全部知り合いからの紹介でした。

中国語翻訳者としてお金をもらった「初仕事」は、英語翻訳をやっていた知人からの紹介。中国と取引している会社で、やりとりはいつも全部英語なんだけど、ある時送ってもらった資料が中国語版しかなかったので、訳してもらえないかというものでした。A4で1枚半。急ぎではなかったので、1週間くらい何度も考えてやりましたっけ。

トライアルに合格して本格的に仕事を始めてからも、ときどき友人からの紹介仕事というのはあります。中国語や翻訳の学習仲間はもちろん、友人・知人とは連絡を絶やさないようにしようと思います。