国会図書館に行きました

実務翻訳がメインなので、いつもは技術関係やビジネス関係ばかり訳していますが、たまに学術書や学術論文の翻訳を手がけることがあります。そういうものは引用に気を使います。

先日もある学術的な文章を訳していて、変わった表現にぶつかりました。変わってるというのは、それまでの文体とちょっと違う気がしたということです。

意味はわかったので最初はそのまま訳したのですが、「おもしろい表現だなあ」とひっかかったので、百度で検索にかけたところ、なんと毛沢東の著作にある表現だったのです!!

こうなると、必ず原文にあたらなければなりません。毛沢東の著作なら、すでに日本語訳が出ている可能性も高い。最終的にどういう訳にするかは別にして、訳書があるか探し、あればそれにもあたる必要があります。

さすがに毛沢東の著作なので、原文は百度ですぐに見つかりました。これを訳すわけではないので、どんな内容の本で、どんなふうに使われているかわかれば、まあいいです。

次に書名を手がかりに、日本語訳がないかを探します。こういうとき漢字はありがたい。日本語訳の書名が中国語の書名とほとんど同じであることが多いからです。アルファベット言語はそうはいかないかもしれません。

Amazonでは見つからなかったので、国会図書館のサイトで検索したら、ありました。やっぱり訳書が出ていました。かなり古い本だったのでAmazonにはなかったわけです。先にこっちを探せばよかった。

ということで、国会図書館にでかけて行きました。その本はすでにデジタル化されていたので、館内のPCでデジタル版を見て該当箇所を探し、プリントを申請して、もらってきました。わずか15分。無事に探索終了です。

たった数文字にこれだけの手間をかけなきゃいけないのは、大変と言えば大変ですが、検索してこんなにあっさり見つかったということは、知っている人は知っている表現だということです。私が不勉強で知らなかっただけ。和歌の本歌取りみたいなもので、著者は「この表現、わかるよね」と思いながら使っているわけですから、「はい、わかります」と訳さなければなりません。

手間ひまかけるのが大変というよりも、あのとき「ん?」とひっかかって検索かけてみたのがすごいぞ、自分! とても達成感のある探索でした。

化学の翻訳

久しぶりにまとまった量をいただきました。

化学の翻訳は好きな仕事です。文章の主述関係とか修飾関係がクリアで迷いようがない。薬品名は中国語→英語かCAS番号→日本語で見つかる。立ち止まらずにサクサクと訳せて気持ちいいです。

迷うとしたら、1つは、日本語の薬品名が複数あるとき、どれを採用したらいいのか? たぶん専門家には専門家の「ふだんの」呼び方があるんだろうなあ。業界の人に聞けばわかるかもしれないし、「それは自分の専門では使わない薬品だからわからない」と言われるかもしれないし。などと考えつつ、たいていは近くにある単語と一緒に検索をかけて、よく使われていそうなものを選択するようにしています。

もう1つは、動詞。たとえば、「溶ける」がいいか、「溶解する」がいいか? 意味は同じなんですけど、その業界で標準的に使われる言い方ってあると思うので、意外と気になります。それも関係のありそうなサイトをうろうろして、どっちを使ってるか、あれこれ見て決めます。

正確に訳せていればそこまで気にしなくていいのかもしれないですが、やはりその分野に合った文体にしたいなあと思います。一番いいのはその分野の文章を山ほど読むことなのでしょうけど、化学や薬品専門の翻訳者になれるならともかく、それほど仕事量のない中国語では趣味の域になってしまいそう。

まあ、山ほど読まないまでも、英語なら参考にできそうな本がありました。時間ができたら読もう…と思いつつ、納品したら忘れちゃうんだろうなあ。

英語医薬論文の読みかた・訳しかた 新訂版


まずはこれから!医薬翻訳者のための英語


冬のスポーツ勉強中

来年2月、札幌で冬季アジア大会が開催されます。通訳としてお仕事をさせていただくために、スポーツ用語を勉強中なのですが、単語だけ覚えるのでは何のことだかわからないと思うので、ルールから勉強しよう!ということで本を探しました。

観るまえに読む大修館スポーツルール2016



詳しい方がいいには決まっていますが、そうすると競技ごとの分冊になってしまい、読み切れない気がする。これは競技の概要やルール、用語の説明などがコンパクトにまとめられているのではないかと期待して買いました。ネット注文なので来るのが待ち遠しい。

この本で概要をつかんだら、用語はこの本とネットで調べます。

日中スポーツ語辞典
日中スポーツ語辞典 (日本語)
中国吉林師範大学体育系 (編さん)



これは通訳になってすぐの頃、いつかスポーツの通訳をやりたい!と思って買った本。発行は1981年です。用語が古くなっているものもあるとは思いますが、基本的なことはわかるでしょう。
それにしてもあの頃はこんなマニアックでお高い(当時3800円)中国語関連本を出しても売れるほど、日中関係が良好だったんですね。

ところで、夏のオリンピック種目だったら、こんないい本があります。

奥林匹克运动会竞赛项目图览 (中国語)
多林金德斯利有限公司 (作者), 韩冰等 (译者)

北京オリンピックの前に出された本だと思いますが、オリンピック各種目の競技のやり方やルールや用具など、すべて図解で説明してあり、ものすごくわかりやすい。この冬季オリンピックバージョンがないか探したのですが、ありませんでした。

2022年の北京冬季オリンピックの前には出るかもしれませんね。もう遅いけど。

自動車のお勉強

近々、自動車関連工場の視察通訳をすることになったので、お勉強。

工場見学もいろいろ行きましたが、自動車関係は実は初めてなのです。付け焼き刃的に自動車についてわかりやすく説明した本を1冊購入。工場の様子が写真入りで紹介されてるというのが決め手になりました。

史上最強カラー図解 プロが教える自動車のすべてがわかる本


これとは別に手持ちの辞書を引っ張り出してきました。
自動車関連

まずは一番左の本の“小轿车”のページをコピー。目を通して使いそうなところにマーカーを入れたあと、お守りとして当日持って行くことにします。

次にクライアントから提供された工場の紹介パンフ(A4、3つ折り、1枚)を隅から隅まで目を通し、出てきた単語を真ん中の2冊で調べ上げる。このリストもプリントして当日持っていきます。

そして、今回の視察メンバーは技術者ではなく、いろんな会社の経営者だそうなので、生産管理関係の話が出るのではと予想し、右端の本に目を通しておくことにします。

とりあえず準備の第1段階としてはこのへんかなあ。『自動車のすべてがわかる本』と『工場管理』を読んだあと、第2段階として単語集に追加するかもしれません。

参考書

そこらに乱雑に積んである本を少し整理したら、仕事で参考にしようと買ってきた本がかなりの量になっていてびっくり。

土木実務、ものづくりの基礎、畜産入門、鉄道のしくみ、薬事典、エレベーター技術…

何屋さん?