英国王のスピーチ

市民アカデミーで君主制についての講義を受けたときに勧められた映画。中国出張の帰りのフライトで見たんだけど、新元号が決まって、君主つながりで思い出したので書いてみた。 すごくよかった。正直、行きのボヘミアン・ラプソディより…

Continue reading →

ボヘミアン・ラプソディ

超・超 話題作。劇場へ行こうかと思いつつ、ぐずぐずしてたけど、中国出張のフライトで見られた(ラッキー)。 天才は怖い。人は未知のもの、理解できないものを恐れるものだと思う。その意味で、フレディ・マーキュリーを怖いと思って…

Continue reading →

愛を読むひと

ブルガリアに行く飛行機の中で、Amazonプライムビデオで。 美しい映画だった。久しぶりにもう1度見たいと思う映画だった。 ストーリーテラーはマイケルなんだけど、主人公は明らかにハンナだった。ハンナは最初から最後まで謎だ…

Continue reading →

草原の河

岩波ホール「草原の河」 こういう淡々とした映画、大好き。以前見た「モンゴリアンピンポン」もすごくよかったなあ。草原大好きなのかな。 なんと言ってもヤンチェン・ラモが可愛くて、本当に演技なのか、ドキュメンタリーなのかわから…

Continue reading →

湾生回家

東京へ行ったついでに見てきた。 「湾生回家」オフィシャルサイト 友人の間では絶賛されていて、「涙がとまらなかった」といった感想もあったけど、正直そこまでではなかったかな。 戦争に運命を左右される人はたくさんいるけど、湾生…

Continue reading →