中国語方言の聞けるサイト

こんなサイトがあることを教えてもらいました。

乡音苑

口音のある普通话のほか、さまざまな地方の方言(聞いてもわからない)も聞けます。スクリプトつきで何を言っているのか確認できるものもありますし、中国語の音を聞くのが好きなので、聞いてるだけで楽しい。

説明を見ると、ボランティアで音声をアップロードしているんですね。こんなプロジェクトがあるなんてすごいです。

中国語新刊

ときどき仕事の合間にネットで中国語の新刊を探します。Amazonならカテゴリを「本」にして「中国語」を検索ワードにし、出てきたところで「出版年月が新しい順番」に並び替えれば、新刊がトップに並びます。でもAmazonは韓国語やベトナム語などのアジア言語がなぜか必ず一緒に表示されるんですよね。検索は便利なんだけど、これは何とかしてほしい。

昨日、久しぶりに見てみたら、気になる本が何冊か出ていました。

中国語発音マスター CD付き

 

発音を教えるのはほんとに頭が痛いので、心強い教材が出たと思いました。

とはいえ、授業で教科書と合わせて使う余裕はないかもしれない。何らかの形で活用してみたいですね。

NHKワールド・ラジオ日本 中国語リスニング

 

出版社のサイトで見たら、題材はニュースではなく番組の方でした。確かにニュースとはどこにも書いてなかった…。

NHKワールドのストリーミングで以前はよく聴いてましたが、最近は中国の動画を見ることが多くなったので、あまり聴かなくなりました。

中上級のリスニング教材としていいかもしれません。

聴いて鍛える中国語通訳実践講座

 

本格的な通訳のテキストとしては『新版 中国語通訳への道』や『通訳メソッドを応用したシャドウイングと速読で学ぶ中国語通訳会話 (マルチリンガルライブラリー)』がありますが、どちらもビジネスの現場における中国訪日団の来日から離日までを想定した内容でした。

通訳練習入門としては『日中・中日通訳トレーニングブック CD付』があって、こちらはさまざまな題材を扱っています。

このテキストの題材はスピーチとニュースで、ずいぶん前に出た『中国語通訳トレーニング講座 [CDブック]』の新版という感じでしょうか。

 

『NHKワールド』と『通訳実践』は出版されたばかりだというのにAmazonでは品切れです。このレベルの教材を求めている人って結構いるんでしょうね。

急いで紀伊國屋書店で『通訳実践』を取り置きしてもらいました。買うだけでなく、やらねば。

リスニングやります

通勤の合間に、通訳学校のない都市に住む人はどんな「通訳自主トレ」をしたらいいだろう?などということを考えていました。少し考えがまとまった部分もありますが、自分でやってみないことにはどうしようもないので、ここに書くのはまだやめておきます。

ところで、あれこれ考えているうちに私自身の課題として「もっとリスニング力を上げないと」と思うようになりました。というか、ずっと思っていたんですが、逃げていたというか…。改めてリスニングに取り組もうかと思います。

テキストはこちら。

 
“声”临其境:高级汉语实况听力
李宁 (合著者), 陈希 (合著者), 罗珊 (合著者), 等 (合著者), 段文菡 (编者)


このテキスト、ずっといいなと思っていたのですが、mp3の音量がすごく小さいんですよね。小さいなら小さいなりに聞けばいいようなものですが、いかんせん力がなく「聞こう~聞こう~」と歯を食いしばり気味に聞いているので、音が小さいのはかなりのストレス。情けないことに投げ出していました。

ところが、音を劣化させずに音量を調整できるmp3gainというフリーソフトを発見。ほしかった音量になりました!

ということで、しばらくリスニングやります。でもテキストに沿って聞いて問題を解くというのではなく、長年お世話になっている中国語の先生のやり方で。聞き取れないところをたんねんにつぶし、ディクテーションしたり、スクリプトの音読をしたり、1文ずつ日本語訳したりという「しゃぶりつくしリスニング」です。たぶん遅々として進まず、何本かやったら飽きるか力尽きるような気もしますが、でもまあやってみましょう。

要するに何を

3週間の代表団視察が終わりました。途中ちょっとした事件はありましたが、おおむね順調。むしろ順調すぎて「最後にどんでん返しがあるんじゃないか」とビクビクしました。

通訳に関して言えば、私は相変わらず中→日が苦手です。要するにリスニング力がないんですが、聞きとれないといっても単語力がないとか、速すぎるとか、背景知識がないとか、訛っているとか、いろんな原因がありますね。今回思ったのは、「要するに何を言いたいのかわからない話し方」というのもあるかなあと。

今回のメンバーの中に標準からかなりはずれた発音の方がいて、最初すごく面食らいました。聞きとれない…。それでも3日4日たつうちに、発音にはだいぶ慣れてくるんです。しかしそれでも聞きとれない…。

そのうちその人が話を始めると、ほかのメンバーが苦笑いしたり、どういうことだと突っ込んだり、要約して私に話してくれたりするようになってきました。つまり、同じ中国人が聞いても「要するに何を言いたいのかわからない」ようなのです。

そういえば大学院時代、同級生の中国人留学生とは中国語で話をしていたんですが、女子学生の話は聞き取れるのに、ある男子学生の話がよくわかりませんでした。男性の発音が苦手なのかなあと悩んだりして、それを指導教官(中国人)に話したところ、「彼は文を最後まで言い切らないうちに、別の文に移っていくくせがある。中国人同士でもわかりにくい」と言われました。

日本人同士でもそういうことってありますもんね。今回の仕事中、それに気づいてからは、遠慮なくその人に「要するにこういうこと?」とがんがん確認するようにしました。最後まですっきり聞き取れることは少なかったんですが、後半はかなりラクになりました。

テキストやラジオニュースのような話し方の人など、実際の会話ではありえません。こっちはネイティブじゃないんだ~聞き取れないことがあったって当たり前だ~わかりやすく話してくれ~と心の中で叫びつつ仕事を終えた次第であります。

ゴミ取り

通訳のお仕事、終わりました。今年はこれで仕事納め、しばらくのんびりします。

毎日通訳してると、頭の緊張がなかなかとれません。中国語の同じフレーズが頭の中でリフレインされたり、単語が断片的に浮かんできたりします。漢字と発音が同時にふっと浮かんで、しかもそれが別々の単語だったりすると、頭が反応して「いや、この漢字の読みはこれじゃない」と自分で自分を訂正しちゃったり。正直、疲れます。

仕事が終わって数日するとなくなってくるので、がまんがまんなんですが、ある通訳仲間の人が、強制的に音楽でそれを消してると教えてくれました。その人は「頭の中のゴミを取る」という言い方をしてて、自分にはすごく効果があると。

私は単純な事務仕事でも、音楽を聴きながらできません。音楽に集中してしまう。歌詞のある曲は余計です。とすると、音楽を聴くことは私の頭のゴミ取りにも効くかもしれません。

すでに仕事は終わっちゃってるので、効果のほどは次回のお楽しみなんですが、そんなふうに思って音楽を聴いてるとすごく頭がリフレッシュされる気が。ノリやすい性格です。

ちょうどイヤホンがこわれてきてたので(しまうとき、ひっぱってプレーヤーにぐるぐる巻きつけちゃうので、ジャックの根元が中で断線している模様)、根元がL字になってて、これまでよりグレードの高いイヤホンに買い換えました。うん、いい音。これでさらにゴミ取り効果アップです。

よし、次はいいCDを探すぞ。