40人じゃ外国語の授業はできません

大学で中国語を教えている友人が、1クラスの人数が40人もいて、授業にならないと言っていました。私も以前教えていた学校で同じことを経験しましたし、ほかの友人からは50人超えとか100人(!)とかいう話を聞いたことがあります。

これは大教室でやる一方的な講義じゃないんですよね。語学、しかも初学者のクラス。40人でどうやって発音をきちんとケアできるって言うんでしょう。

私は40人になったときは特に気をつけて発音の練習をさせたつもりでしたが、1年終わってみると、それ以前の20人前後だったクラスと比べて明らかに発音も聞き取りもできていませんでした。かなりショックだったのを覚えています。

第2外国語を開講する学校(大学に限らず、専門学校や高校でも)が増えていて、それは喜ばしいことなんですが、本当に効果の上がる形にして開講しなければ看板倒れになるし、学校の評価を上げることにつながらないと思います。講義系の科目と同じ人数設定で、初学の外国語をやらせることに疑問を感じてほしい。

友人は15人くらいにしてほしいと言ってますが、私も別の学校で12~15人くらいでやったときが一番効果があったように思います。あんまり少なくても、自分の声が聞こえちゃって恥ずかしいのか、大きな声を出してくれないし、20人を超えると1人1人見て回れません。見て回ること自体はできても、20人回る時間がかかりすぎて、ほかの学生が遊んじゃうのです。

今年はコロナウイルスの影響で、友人の大学でもオンライン授業になっているそうです。オンラインならある意味で1対多の講義ではなく、1対1ですが、40人を1人1人発音を見ていたら、やっぱり学生は遊んじゃいますね。ほかの39人を待つのは無理です。

外国語をやる以上、ちゃんと発音の練習をして口に出さないとやったことになりません。「人数が多かったら発音はさらっとで、文法や単語をやればいい」わけではないです。外国語の授業を体育や音楽のように「実技」に位置づけることってできないんでしょうかね。

昨日はへとへとになりました

こちらへ戻って来て、ある場所で中国語の勉強を続けています。昨日は授業があったのですが、久しぶりにがっちりとリスニングをやりました。

使った教材はスピーチの録音で、会話独特の省略や飛躍があり、早口で、完全な標準の発音でもなく、いわゆる上級レベルです。

やり方は、音声を聞き、スクリプトで意味を確認し、音声を聞きながら一緒に読み、また音声を聞く、その繰返し。

これ、シンプルだけど、ものすごく効きます。最後には聞き取れるようになる。ただ、高い集中力をずっと維持しなければならないので、帰ったらへとへとでした。

リスニングは私にとっては鬼門です。教科書や学習用教材のリスニングはだいたい聞き取れるんですが、生の音声はニガテ。どんなふうにトレーニングしたらいいか…と例によって学習法で迷っていたのですが、昨日やってみて、結局どんな教材も同じなんだということに気づかされました。

音と意味を結びつけること。それに尽きます。

原点に返ることができた気がしました。

リスニングのトレーニング方法については、高田裕子先生のブログが参考になります。

カンフル剤

結婚して本州に行った中国語仲間が里帰りしていて、久しぶりに会いました。子育てが一段落して、仕事に復帰するとのこと、恭喜であります。

中国語の先生を交えて久しぶりの食事会の後、先生のやっている教室の授業があるというのでおじゃましました。

あ~いいなあ、こういう雰囲気。中国について、中国語について、知らないことを教わって、1つ1つ辞書を引いたり、ノートに書き留めたり、発音してみたり、同学の回答に感心したり、コメントしあったり、(おしゃべりしたり)。

ネットで中国語の情報を探し、最新の話題に関する単語を集め、片っ端から聞いて、リピートして、訳して、はい次! っていう勉強も緊張感があるし必要なんだけど、こういうスローな勉強ってじわじわ浸透してくるんですよねえ。

なんてしみじみしていたら、授業後に先生が「おいで~」と呼んでいます。何かと思ったら、「これから短い文章流すから。訳して。はい」と、突発的サプライズ的強制的に通訳練習。しばらく通訳から離れていて反応がバカになっている自分をののしり、先生に言い訳し、つっかえながら訳し、でもうれしくてたまりませんでした。

最後に総括として「成语をもっと勉強するように。聞いてわかるのも増やさなきゃいけないし、使うんだったら『ここ』ってとこで『これ』っていうのを使うように」と言われました。

先生、それレベル高すぎて、アドバイスになってないよ…。

わずか10分の授業は、久々のカンフル剤になりました。勉強しなきゃ! 次にまたこういう機会があったら、「おっ」と言わせたいです。先生は「おっ」なんて言わないでしょうけどね。

教科書選び

来年度から新しく担当するクラスがあるので、教科書選びをしました。

使うテキストが決められている場合はそういうものだと思って使うしかないんですが、自分で好きなのを選べと言われると入門の教科書は本当に難しい。どの教科書にも使いにくいところがあるのです。

たとえば、肯定形と疑問形ばかりで否定形が出てこない。新出単語リストに書いていない単語が本文や練習問題に使われている。これらはちょっと致命的な感じですが、ほかにも本文の話題が古い、練習問題が足りない/多すぎる、付属CDの発音が遅すぎる、各課で学ぶ文法項目が多すぎるなどなど、ぜいたくを言えばいくらでも要望があります。要望は教える対象が高校生か大学生かによっても違うし、同じ大学生でも第二外国語か中国語専攻かによっても違ってきます。

私は解決策を提案せずに批判だけする人が大嫌いで、自分もそうなりたくないのですが、もし「そんなに文句があるなら、自分で教科書を作れ」と言われてもできるもんじゃないですね。入門で学ぶべき文法項目と単語は何か、それをどういう順番で教えるか、どんな形式の教科書にするか、練習問題はどれくらい入れるか…。さらに本文はどんな話題にするか、イラストや文法以外のトピックをどれくらい入れるか…。わー、これを全部解決しなきゃならないなんて、無理、絶対。

そんなわけで私は解決策として、内容が豊富なことよりも取り組みやすいことを優先し、もし練習が足りなければプリントを作って対応することにしました。プリント作りは毎週毎週続くので正直大変なんですが、すすみ具合や理解度に合わせて調整できるので、結局一番いい方法のように思うし、私の授業はだいたいこのパターンになりつつあります。

もう1つの難問は発音指導ですが、これはまだ「解決策」が提示できません。発音は量をやらなきゃどうしようもない部分があると思うので、基本文法を教えながらだと圧倒的に時間が足りず、結局今のところは10代の耳のよさに助けられている部分が大きいです。毎回の授業にうまく少しずつ発音ブラッシュアップ練習を組み込めたらいいなと思っていて、気になるテキストも何冊かあるので、少し試行錯誤してみます。

中国語発音マスター CD付き


新発想・中国語の発音
新発想・中国語の発音 (日本語)
陳莉 (著), 董琳莉 (著)


音が見える! 中国語発音レッスン


補語

(何度目かの)中国語教室に通い始めた友人に、「どお?」と聞いたら「deがわからん」との答え。

「deって得るのde?」「得るのde。」そうか、やっぱりそうなんだね。

教科書の補語は、たいてい得で導かれる様態補語/程度補語が最初に出てくることが多いです。「得」という目印があるだけ文型がはっきりしてると思うんですが、それでもなかなかわかりにくいようで、私の学生たちもドリルをやりながら頭をかきむしってたりします。

「日本語には補語がないから、わかりにくくても当然なのよ、あまり思い詰めずに、まずはそのまま形を覚えましょう。(方向補語、結果補語になったらもっとわかりにくいのよ、あきらめてちょうだい)」などとなぐさめつつ。

とにかくパターンに慣れさせようと思うんですが、「わかった!」と気持ちいい反応がないまま次へ進まざるを得ないのが現状で、つくづく無力を感じます。

私は補語をいつ頃どういうふうに理解したのかもうあまり思い出せないので、何か手がかりがあるかと思い、昔中国語を勉強していた時のノートを出してきました。本当に最初の1年くらいのものはありませんが、さまよえる中級どころか初級でもがいていた頃のものがまだあります。何かヒントが見つかるといいなあ。

Exif_JPEG_PICTURE