教科書選び

来年度から新しく担当するクラスがあるので、教科書選びをしました。

使うテキストが決められている場合はそういうものだと思って使うしかないんですが、自分で好きなのを選べと言われると入門の教科書は本当に難しい。どの教科書にも使いにくいところがあるのです。

たとえば、肯定形と疑問形ばかりで否定形が出てこない。新出単語リストに書いていない単語が本文や練習問題に使われている。これらはちょっと致命的な感じですが、ほかにも本文の話題が古い、練習問題が足りない/多すぎる、付属CDの発音が遅すぎる、各課で学ぶ文法項目が多すぎるなどなど、ぜいたくを言えばいくらでも要望があります。要望は教える対象が高校生か大学生かによっても違うし、同じ大学生でも第二外国語か中国語専攻かによっても違ってきます。

私は解決策を提案せずに批判だけする人が大嫌いで、自分もそうなりたくないのですが、もし「そんなに文句があるなら、自分で教科書を作れ」と言われてもできるもんじゃないですね。入門で学ぶべき文法項目と単語は何か、それをどういう順番で教えるか、どんな形式の教科書にするか、練習問題はどれくらい入れるか…。さらに本文はどんな話題にするか、イラストや文法以外のトピックをどれくらい入れるか…。わー、これを全部解決しなきゃならないなんて、無理、絶対。

そんなわけで私は解決策として、内容が豊富なことよりも取り組みやすいことを優先し、もし練習が足りなければプリントを作って対応することにしました。プリント作りは毎週毎週続くので正直大変なんですが、すすみ具合や理解度に合わせて調整できるので、結局一番いい方法のように思うし、私の授業はだいたいこのパターンになりつつあります。

もう1つの難問は発音指導ですが、これはまだ「解決策」が提示できません。発音は量をやらなきゃどうしようもない部分があると思うので、基本文法を教えながらだと圧倒的に時間が足りず、結局今のところは10代の耳のよさに助けられている部分が大きいです。毎回の授業にうまく少しずつ発音ブラッシュアップ練習を組み込めたらいいなと思っていて、気になるテキストも何冊かあるので、少し試行錯誤してみます。

 
中国語発音マスター CD付き
高田 裕子(著)

 
新発想・中国語の発音
陳莉(著), 董琳莉(著)

 
音が見える! 中国語発音レッスン[MP3音声付]
劉 雅新(著)

絶版

個人レッスンをしている生徒さんに、いくつか私の使っている参考書や問題集を紹介したのですが、「先生の紹介してくれる本、ことごとく絶版ですね」と言われてしまいました。

ネットで見てみると…むむう、確かにそうだ。これじゃ私がよっぽど人気のない本とか、オタクな本とかを使ってるみたいじゃないですか。

でも、そうじゃないんですよ! 今店頭に並んでいる本にはなかなか魅力を感じないんです。高校生大学生のような若い人や、すぐに現場で話さなきゃならないビジネスマンを対象にしたものばかりで、ちょっと年がいってて、じっくりと落ち着いて勉強したい人向けの「大人な」本がないんです。

いや、昔の本は「大人な」本だったわけじゃなく、何の工夫もなかっただけなのかもしれないんですけど。でも、いざとなるとそういうのが一番使いやすかったりするんですよね。

生徒さん曰く「絶版になったやつをネットで見つけたら即、買ってます。もう少ししたら、ほんとうに手に入らなくなるかもしれないので、今のうちです」。出版社に直接電話して手に入れたものもあるそうです。

せっかく揃えてくれたのですから、使いこなしてもらえるよう、がんばって指導します!

スピーチコンテストで

中国語スピーチコンテストがあった。お友だちが出るので行くつもりだったのだが、急に仕事が。

終わってからとにかく急いでいったのだが、もうスピーチは全部終わり、審査を待っているところだった。ああああ、ごめんなさい…

地方都市でしかも中国語界という狭ーい世界なので、知り合いがいっぱい。審査員もお世話になった先生だし、お仲間のCさんも教え子の引率で来ていたんだけど、驚いたのは、去年高校で教えた子が2人、参加していたのだ!

プログラムで名前を見つけて会場を見回すと、いたいたいた。急いで駆け寄って声をかけると向こうもびっくりしていた。引率の先生も顔なじみだったので、再会を喜ぶ。

さらにうれしいことに、生徒の1人が賞を取った。私はもうなーんの関係もないのに、ちょっとじんとしてしまった。みんなカメラを持ってきてないといって携帯で写真を撮ろうとしていたのだが、私はちょうど持っていたので1)大して撮りはしないけど、一応毎日持ち歩いてるので、表彰の様子や、コンテストの看板をバックに写真を撮ってあげたら「先生も一緒に撮ろう」と言ってくれた。涙でそうになりました。

彼女たちのスピーチ、聞きたかったなあ。仕事、断わっちまえばよかった。くやしいやら、うれしいやら。これから急いで写真の現像に行きます。

   [ + ]

1. 大して撮りはしないけど、一応毎日持ち歩いてるので

再見

諸事情で高校での授業を続けることが難しくなった。

もがき続けた2年間だった。縁があれば、チャンスがあれば、またやってみたいという気持ちと、私には荷が重すぎる、これでほっとしたという気持ちが半々だ。中国語に携わり、それでお金を稼いでいる人間として、中国や中国語に興味をもち、授業を受けにくる白紙の子どもたちに、私は何を伝えられたのか。私のことはともかく、授業で話したことの断片でも、授業で見た映画の1シーンでも、思い出してくれることがあるだろうか。

それを確かめるすべもないけど。元気で。再見、子どもたち。

高校期末テスト

ヒアリングの試験は、たいてい私の生発音でやっている。

テスト終了後、一緒に試験監督してくださった先生が「いやー、初めて生の中国語を聞きましたよ。全然わからなかったけど」とおっしゃった。

それに答えて「生徒たちは、わかるんですよ~」と言ったとき、いつも手を焼かされている生徒たちがなんとなく誇らしく思えた。

最近の子の授業態度

QianChongさんが「授業中、静かな日本人」について書いていらっしゃった。ものすごく思い当たる部分もある半面、高校での中国語教学経験で、最近の若い子にはちょっと違うタイプの子がいるなあと感じている。

学生の中には先生がしゃべっている間は絶対に口をはさまない、質問しても名指ししなければ答えない、という典型的日本人、優等生タイプもいるし、その対極で授業中勝手にしゃべる、授業と関係ないことをしている、寝ている、という困った子ちゃんもいる。

私も先生がしゃべってる間は口をはさんじゃいけないとたたき込まれた世代なので、勝手なおしゃべりには最初は頭が痛かったのだが、だんだん日数がたつにつれ、そういう困った子ちゃんがほんとうに覚えてほしいポイントを聞き逃さず「えっ、先生もう1回言って、もう1回」とか「え~難しすぎるよ~」とか、非常に素直に反応してくるときがあるんだ、ということがわかってきた。まあ考えようによっては、まだ場を考えて行動できるほど大人じゃないから勝手にしゃべるのかもしれないのだが。

今年は段ボール肉まん、毒ギョーザ、北京の大気汚染と、中国のイメージが落ちるようなニュースが多かったのだが、そんなニュースが出るたびに生徒が「ね、先生、中国、やばくない?」「あんなん、あり?」と聞いてくる1)もちろん、授業中に勝手にしゃべって聞いてくるんである。その様子を見ていると、ああ、まだまだ子どもなんだなあ、子どもたちなりに、中国のそういうニュースにショックを受けたり、不安を感じたりしてるんだなあと思う。どんなきっかけにせよ、中国語に興味をもって履修しはじめたっていうのに、こんなニュースばかり連日聞かされたら、そりゃあイヤだよね。

先生に対してもタメ口で、どんどん感情を表に出すことに最初はかちーんときていたのだが、語学なんだし、しーんと静まりかえっているよりは、わからないところはわからないとどんどん言ってもらうほうがやりやすい。まだ高校生でこれから中国語を続けるかどうかわからないわけだし、単語をたくさん覚えるより、これからもずっと隣合っていかなければならない中国という国を、自分の素直な気持ちで見たり感じたりしてもらうほうがずっと有意義だ。そして、それをぶつけてきてくれるのは私にとっても楽しい。

そう言う意味で、授業中、自由に発言することをタブーだと考えない世代が出てきていることはいいことなのかもしれないなあと思っている。

   [ + ]

1. もちろん、授業中に勝手にしゃべって聞いてくるんである

苦労のかいあって

中国語レクチャーが無事すみ、受講生の感想を読ませてもらった。非常に鋭く、問題意識の高い意見や感想が多くて、感心もしたし、恐縮もした。

私としては、「中国に対して日本人がもっている画一的イメージをぶちこわす」ことを裏テーマにしていたので、少数民族のことやら、方言のことやら、香港・マカオ・台湾の中国語やら、貧困地区の普通話普及状況やら、なんでもかんでも詰め込んでしまったのだが、なんと中国から来た方が受講生の中にいて、「はじめて日本人が中国のさまざまな事情をていねいに説明しているのを聞いた」と書いてあって、涙が出そうになった。

あと、苦労した各方言の会話聞き比べ。録音レベルが低くてAV機器でうまく再生できず、パソコンから直接音声を聞かせるという間抜けなことになってしまったのだが、半数近くの人が「話には聞いていたけど、あそこまで発音が違うとはびっくりした」と書いてくれて、こちらはほくそ笑んだ次第。

本人が希望しているわけではないのだが、なんとなく講師をする機会が増えている。準備が大変で、引き受けなきゃよかったといつも思うのだが、終わるとやってよかったと思う。

身勝手なもんです。