思考停止しているのでしょうか

日本語から中国語へ訳されたものをチェックする、という仕事をよくやります。

以前は「私が訳したほうがましじゃないの」と言いたいくらいひどいものもありましたが、最近はそんなことはなくなりました。中国語ネイティブ翻訳者のレベルが上がってきているのかなと思います。

日本語から中国語への翻訳は、日本にいる中国人、日本に旅行に来た中国人がターゲットです。

日本にいる中国人という意味では、東日本大震災で、日本にいる外国人に十分な情報が伝わらなかったことが問題になり、公的機関がやさしい日本語とさまざまな外国語で情報発信する動きが活発になりました。最近ではコロナ関連の情報の翻訳がよく出ます。役所もお金がないとはいえ、防災など命に関わることについてはちゃんと予算を組んで翻訳会社に依頼してくれていて、これはとてもいい傾向だと思っています。

日本に来る旅行客向けという意味では、一時期、急激に需要が増えましたね(翻訳だけじゃなく通訳も)。翻訳会社に頼む予算が出せない自治体・企業・商店・施設などが出す怪しげな張り紙やパンフをかなりみかけました。機械翻訳に頼った場合もあるでしょうが、近くに中国人がいたので頼んだ、ということもあったと思います。日本語が話せる中国人だから翻訳ができるわけではないんですけど、日本はその点についての意識が非常にルーズというか希薄ですよね。日本語から中国語へ翻訳する人は玉石混淆だったのだと思いますし、翻訳会社も一気に需要が増えたので、いちおう翻訳者と名乗る人でも、どれくらい実力があるのか、きちんと見極める余裕がなかったのかもしれない、などと想像します。

最近はチェックに神経をすり減らすひどい翻訳にはまず出会わなくなりましたが、相変わらず多いのはカタカナの間違い。

たとえば「パソコンとデスク」が“电脑和光盘”。パソコンって書いてあったからつい引っ張られたのかもしれませんが、感染症予防対策でこまめに消毒しましょうという趣旨の文なので、ディスクが出てくる可能性は低いし(中国語ネイティブは、あまり文書の内容やメッセージを気にせず、単語to単語、文to文で訳しちゃう傾向もあると思う)、デスクってそんなに難しい単語じゃないですよね……。文章全体はきちんと訳されているし、「なるほど、こう言えばいいのか」と勉強になるところもあるのに、カタカナだけ、いきなりこのレベルになるのは不思議です。

知人の中国人の先生によれば、「カタカナには意味がないから、中国人は覚えられない」と言っていましたが、カタカナだった時点で自動的に思考停止しちゃうのかもしれません。

日本人は、会話に成語が入ったとたんに思考停止しちゃったりしますね。それと似たようなものなんでしょうか。というか、そんなの私だけ?

サイトを見直したら初心を思い出しました

緊急事態宣言が解除されました。

外出自粛要請が出て、エージェント(と大元のクライアント)がリモートワークになり、仕事が減り始めたときは、「時間ができた!」と真っ先に思いました。

在宅で翻訳者をやっていると、自由で時間的にゆとりがありそうに思われますが、案外そんなことはないです。時間の使い方が下手なのかもしれないんですが、やっぱりいい翻訳にしたいので、あったらあっただけ時間をかけちゃいますしね。

せっかくだからこれを機に、まとまったことをしたいと思ったんですが、たいして何もできませんでした。

根本的な中国語を読み解く力を上げたいということに関しては、ひととおり漢文の復習ができたくらい。でも一応1冊テキストをやり上げたので、達成感はあります。

これまで翻訳した資料の整理は少しできました。Tradosを使うようになったので、これは引き続き時間をみてはやっていきます。

それから、オンラインでwordpressの講座を受けて、サイトの記事をだいぶ整理しました。整理しながら過去の投稿記事をいくつか読み返したんですが、以前はどんな気持ちで中国語や仕事に向かい合っていたのかを思い出せました。

初心などというと照れくさいですが、昔は必死でしたね。

中国語と関係のない、まったく客観的な立場の人にサイトを見てもらって意見を聞くことで、サイトに書いてあることを自分も客観的にみることができたんだと思います。これは忙しい時期には絶対できなかったことなので、もしかしたら自粛期間中の1番大きな収穫だったかもしれません。

中国人の対句がすばらしい

中国の友だちとWeChatでおしゃべりしていたときのことです。お互い忙しいし、健康に注意しなきゃね、などと言う話でしたが、

运动、饮食、睡眠、情绪,这几个对人还是挺重要的,但是哪个都控制不好啊

に続けて

自然的规律在人的身体里,人的规律也在自然里

というメッセージが来てびっくり。中国人ってなんでこんなにすらすら対句が出るんでしょう。中国語と日本語は違うからね、と言っていましたが、それにしてもすばらしい。

過去にもこういう経験があります。以前も投稿したかもしれません。

1)中国で新車を買ってもナンバープレートの発給が数か月待ちだった頃

政府要求老百姓,多买车,少开车

2)北海道名物ホッケを食べている高校生に、骨が多くて大変でしょと言うと

一口鱼,半口刺

恐れ入るしかないです。中国語と日本語はほんとーーーに、違うんですね。

リストマニア復活

中国語学習コンテンツの「テキスト」に、Amazonの「リストマニア」という機能で、これまでに使ってよかったと思うテキストをリストアップしていました。

ところが今回、サイトのリニューアルをしていて気づいたのですが、このリンクが切れている! 調べてみたら、「リストマニア」というサービスそのものがとっくになくなっていました。知らなかった…いかにサイトがほったらかしだったか、よくわかります。

リンク先や写真など、参照するものを整理しながら書くコンテンツは、下書きしてとっておくこともよくあるので、もしかしたら自分のハードディスクに下書きが残ってるかもと思って探しましたが、見つかりません。

もうダメ。Amazonのサービスがなくなるとは夢にも思ってませんでした。これに懲りて、無料のサービスに頼りっきりはやめようと誓い、あきらめました。

ところが今日、別のことで調べものがあり、ネットを徘徊しているときに偶然、このサイトの存在を知ったのです。

Internet Archive: Wayback Machine

要するに、今は公開されていないウェブサイトのアーカイブを保存してあるサイトです。詳細は国立国会図書館の紹介文を見てほしいんですが、あやしいサイトじゃありません。

これを見て「もしかして、リストマニア、探し出せるかも」と調べものをほったらかしにして、残っていたリンク先のURLから探してみたら、なんと見つけることができました!すごい!!

自分で作っといて忘れていましたが、全部で3つリストを作り、それを整理統合して2つにしていたようです。このサイトでは、1つのサイトを時間をおいて何回かアーカイブしてあるのですが、年によってはないもの、文字化けしていたものもありました。でもリンクをたどったり、年をさかのぼったりしながら、最終的に2つのリストをスクリーンショットとhtmlの形で取り出すことに成功しました。感涙です。

せっかくデータを取り出せたので、これを使ってもう1度リストを作ってみます。古い本ばかりなので、今勉強している人には何の役にも立たないですが。

私が取っておきたかったのは、何の本がリストに入っていたかと、本1冊1冊につけた短いコメントでした。自分がどんな風にその本を使っていたか、本の表紙を見ると当時のことを思い出すんですよね。ま、私のライフログです。

 

美しい中国語の手紙の書き方・訳し方

久しぶりに「新しい中国語のテキストは出ているかな」と探していたら、見つけました。

私の大好きな尺牘の本です!

尺牘関連はすでに2~3冊持っていて、いつか読もうと思ったきり積ん読なのですが、やっぱり欲しい…。

明日からちょっと出張なので、機内・ホテル読書用に1冊持って行って、少し罪滅ぼしをして買うことにしようっと。