上海で本をネット購入しました

上海書城では仕事に使えそうな専門辞書を2冊ほど買いました。

今ほど規制がかかる前に微信支付を始めていたので、それで支払いました。両替が面倒だし、物価が上がるのに高額紙幣が発行されないし、紙幣も硬貨も種類が多くてさいふが重たくなるので、中国はアプリで支払えるのがありがたい。でもスマホの電源を入れ、アプリを立ち上げ、支払いバーコードを表示させる(あるいはスキャン画面を出してスキャンして金額を入力する)というのはけっこう面倒。SuicaやPasmoやNanacoやWAONで一発で支払える日本の方式のほうがはるかにいいです。日本でわざわざ決済アプリを使う気にはなりません。

それはともかく、微信支付にも面倒なことはあり、公众号(微信の公式サイト)を持っている店で使うと、自動的にそこをフォローしたことになって宣伝メッセージがどんどん送られてくるのです。まあフォローをやめればいいだけなのですが、パン屋、銀行、上海軌道交通、チェーンの麺屋…次々に送られるメッセージにはちょっとうんざりです。

上海書城からもメッセージが送られてきました。見ると「故宮日暦、入荷しました!」

故宮日歴は以前、仕事で翻訳した記事の中に出てきたことがあり、見てみたいなと思っていたので、食指が動きました。とはいえ、その日以降は予定がつまっていて、また上海書城に出向くのはちょっと厳しい。まああきらめよう、空港とかどこかで見つかるかもしれないし…と思いましたが、メッセージの下に「購入はこちらから」のリンクがありました。ネットで買えるのです。

その時点で、上海滞在はあと5日ほど残っていました。配送はEMSなので、上海市内なら多く見積もっても2~3日で届くでしょう。このホテルを送り先にしたら受け取れるんじゃないか。ということで、やってみました。支払いは微信で、値段は76元。しかもネットでの購入が初めてだということで割引がきき、57.8元になりました。

結果、翌々日にはこんな感じでホテルに届きました。配達員の人からSMSで「ホテルのフロントに届けておきました」のメッセージも入りました。


実際の本はこちら。


見開き左右で1日、左には毎日違う故宮の文物が紹介されています。すべての写真がカラー。ちなみに、このページは「珍妃の井戸」です。

ものすごく文化財好きでもないし、歴史に詳しいわけでもないですが、毎日本を開く時間はちょっと楽しそうです。

今回はホテルに長く滞在したことと微信支付を使っていたことで、こんなサービスを使うことができました。次に行くときも、事前に調べておいてやってみようかと思います。

上海に行ってきました

投稿が滞っております。1週間ほど上海に行ってきました。毎日抜けるような青空でした。

今回は仕事もあるけど、ゆっくり遊びたいなと思っていたのに、結局ほとんど仕事になってしまいました。いつものことです。

1日だけ福州路へ遊びに行ってみました。

90年代に行ったときはものすごい人だったというイメージがあるのですが、今回はそんなこともなく、のんびりした通りだったので、拍子抜け。勘違いしているのかな。

お目当ては本屋さんです。上海書城でたっぷり時間をつぶしたあと、外文書店へ。

中国关键词》が各国語で並んでいました。世界へのアピールに対する中国の力の入れ方は半端じゃないですね。

つぎは百新書局。雑貨が充実していて、今どきの本屋さん。ひさし(と言っていいのかな)は文房具のイラストが打ち抜いてあって、おしゃれです。

中国はすごく変わりましたが、変わっていないところもたくさんあります。変わっていないところを見つけてホッとしている自分がいるのに気づいて、トシなのかなあと思ったりもします。

ちょっとおしゃれな麺やさん。看板の修理でもするのかな? はしごが竹です。

沐恩堂に来ました。当時はきっと、このあたりで一番高い建物だったのだろうと思いますが、それをはるかに見下ろすビルが見えます。なんだか、ちょっと悔しいです。

現代中国経営者列伝

 
現代中国経営者列伝 (星海社新書)
高口 康太 (著)

成功する企業家には才能と運と時代があった。高度成長期の日本で成功した企業家もきっとそうだったのだろう。

一番面白かったのは、終章の最後に出ていたメイカーズと山寨王の話。中国の成長物語はそろそろ終わろうとしているように思える。これからは運と時代ではなく、自分の才能だけで戦っていかなければならない。そういう人たちの今後は、とてもおもしろそうだ。

30年すぎた後に思うこと

今日はやはりどうしても書かないわけにいきません。

あれから30年。私の中国への見方も30年という年月とともに少しずつ変わってきたように思います。

事件当時は、私も若かったし、もしかしたらバブルに(まだ)浮かれていたのかもしれません。自由であること、民主的であることが何よりも尊い、それを実現したからこそ日本はこんなに幸せになっているんだ、中国もそうなるべきだということを疑っていませんでした。きっと、多くの日本人と同じように、発展途上にある中国を下に見ていたのでしょう。優越感なのか、正義感なのか、自分でも判断のつかないまま、力で学生たちを押さえ込んだ共産党と鄧小平に未来はないと思いました。

でも30年たって、現実はどうでしょう。今や日本は中国に支えてもらわなければ、経済的に成り立っていきません。世界中でポピュリズムと自国主義が広がって、民主主義に疑問が投げかけられています。

たぶん大部分の中国人は、今の中国をとても幸せだと感じているでしょう。あのときの共産党と鄧小平のやったことは間違いじゃなかった、結果オーライだと。

もしかしたら、共産党は軍をさしむけて解決したことをものすごく後悔したのかもしれません。やってはいけないことをやってしまったと思ったかもしれません。だから、これからは幸せな中国を作ろうと思って真剣に努力したのかもしれません。今の中国を見ると、そんな想像(空想)さえしてしまうのです。

でも、これが30年という時間の答えなのでしょうか。そう思うのは悲しいと思う自分もいます。信念なのか、単に「三つ子の魂百まで」なのかわかりませんが、やっぱり許せないと思う自分がいます。

ほかに方法があったんじゃないか。力に頼らなくても、話し合って、ともに考えていけたんじゃないか。

歴史に「もし」はありません。力で学生たちを押さえつけた中国しか、この世にはないのです。大部分の中国人は幸せだと思っていても、人権を奪われ、口と手足を押さえつけられている中国人が今もいるのです。幸せだと思っている大部分の中国人も、口を押さえつけられているのかもしれません。

それをおかしいと思うことも大切にしたい。自分に何ができるわけでもないけど、それが自分の中国との向き合い方なのです。

中国ナショナリズム

おもしろかった。

中国を見る視点――ナショナリズム、民族政策、領土問題、日中関係……そういうものがすべて有機的につながっていることがよくわかった。

著者自身もあとがきで書いているように、改革開放以降の部分はやや強引。でも、清末から中華民国にかけての前半部分がていねいに書かれているので、なぜ今そうなっているのか、説得力がある。

いくつか気になったところはあったが、「滅満興漢」でデビューした孫文が、「五族共和」だの「大中華」だの言い出したのには版図の問題が関わっていたことがわかり、新しい視点が得られたようで非常に満足。

 

岐路に立つ中国と日中関係/21世紀の「中華」

川島先生の著作を2冊続けて。

かつてある現代中国関連のシンポジウムで、中国の変化のあまりの速さ、大きさに関連して「現代中国を見るには最前線の専門家(中国関係のジャーナリスト)じゃないと無理」といった発言があった。確かにその通りだとも思うが、最前線で最新の情報をリアルタイムで得ることができたとして、その意味をきちんとわかることができるのか、という問題が残る。

この2冊を読んで感じるのは、中国のふるまいは場当たり的でもなければ、実利一辺倒でもないということ。中国は歴史をていねいに理解して初めてわかることも多い。歴史といっても改革開放とか、共産党政権になってからとかの短いスパンではなく、少なくとも清末以降の中国を知らなければ。少なくともこの2冊は、そういうスタンスで描かれている。やっぱり川島先生は歴史研究者なのだなと思った。

NHKをいろいろ

GWをはさんで、仕事がぱったり止まりました。これではマズイ…と思いましたが、20日から中国へ行くので今営業しても落ち着かないし、どうしよう。と思っていたら、未確定ではあるけど大きな案件の打診がありました。決まればフル稼動になるので、のんびり待つことにして、たまにはテレビざんまい。

ちょうどNHK BSで立て続けに中国関連のドキュメンタリーをやっていたので見ました。

中国・日給1500円の若者たち

中国 史上最大の移住政策

中国のゴッホ 本物への旅

今の中国を見るとき、政治の動きや経済データを見て理解できることもあるけど、こうやって中国の細胞を切り取って見て初めてわかることもあります。「日給1500円~」は、見ていて政治や経済と個人がクロスするような感覚があって、とてもおもしろかったです。

それから、3月にやった『100分de名著』の松本清張スペシャルを見ています。「昭和とは何だったのか」。中国や日中関係を見ていると、中国にとって日本の地位(中国から見た、そして世界の中での)がとても重要なのだと感じます。昭和はまさにその地位を築いた時代。松本清張も、昭和の日本の細胞を切り取った作家でした。

番組で原武史先生が、中学生のときから松本清張を読んでいたと言っていましたが、私も初めて松本清張を読んだのは中学生の頃。なぜかうちにいつの間にか、新しいの(ほとんどがカッパノベルス)が増えてるんですよ。たぶん母か、同居していた叔父が買ってきてたんでしょう。今江祥智にはまって、『山のむこうは青い海だった』とか読んでるくせに、次は明け方近くまで松本清張を読むという中学生でした。