中国ナショナリズム

おもしろかった。 中国を見る視点――ナショナリズム、民族政策、領土問題、日中関係……そういうものがすべて有機的につながっていることがよくわかった。 著者自身もあとがきで書いているように、改革開放以降の部分はやや強引。でも…

Continue reading →

NHKをいろいろ

GWをはさんで、仕事がぱったり止まりました。これではマズイ…と思いましたが、20日から中国へ行くので今営業しても落ち着かないし、どうしよう。と思っていたら、未確定ではあるけど大きな案件の打診がありました。決まればフル稼動…

Continue reading →

孫文と陳独秀

孫文と陳独秀: 現代中国への二つの道 (平凡社新書) 横山 宏章 わかりやすい陳独秀に対して、孫文はとても複雑。理想があり、それに向かっているのだが、陳独秀と比べるといちいち裏がありそうに見えてしまう。 私は孫文は好きに…

Continue reading →

貝と羊の中国人

貝と羊の中国人 (新潮新書) 加藤 徹 出版当時、ずいぶん話題になった本。いつか読もうと思いながらそのままになったが、久しぶりのNHKラジオ中国語講座で触発されて読んだ。出版されてから10年になる、ほっときすぎ。 歴史や…

Continue reading →