友人のネットワークはありがたい

先日、ちょっとまとまった量のチェックをしました。友人からの紹介です。その人は中国語ネイティブなので、中→日のチェックを私に任せたいとのことで、依頼が来ました。

他にも頼める知人はたくさんいるはずなのに、私を指名してくれたので、顔をつぶすわけにはいきません。チェックは神経を使いますが、いつも以上に念入りにやって納品しました。

そしたらまた友人経由で、その会社から今度は中→日翻訳の依頼を受けたのです。「先日のチェック、まったく問題ありませんでした」とのコメントももらいました。

友人の顔をつぶさないでよかった、私を指名してくれた期待に応えられたとほっとしましたが、それと同時に取引先を増やせたかなという達成感もあります。

翻訳の仕事を取る、仕事を増やしていく方法の中で、知人・友人経由は案外有効だと思います。

個人的な友人で、つきあいが長ければ、まず人間的なところで信用があるはず。まめに連絡くれるとか、メールや手紙の文面がまともだとか、約束は守るとか、社会人としてきちんとしているかどうかは友だちならわかります。

これって翻訳をする上でも、結構重要な点です。翻訳もやっぱり日本の企業文化の中で仕事をするわけなので。

問題は翻訳の実力です。中国語を通じて知り合った友だちでも、またいくら仲良しでも、翻訳がどの程度できるかがわからないことがあるし、実力がわからない友だちは紹介しにくい。今回紹介を受けた友人は、以前組んで一緒に通訳業務をした人なので、私がどの程度できるかはわかっていたと思います。

反対に言えば、紹介をしてほしいと思うなら、実力を示せる何かを持っていて、友人にも知っておいてもらうのがいいと思います。かといって、友だちとの関係が営業営業しちゃうのもいやだし、難しいですね。

いずれにしても、今回はラッキーでした。私は営業が苦手で、こちらからアプローチして直取りを増やすなんて芸当はとてもできません。今回のように友人からの紹介は本当にありがたい。仕事が継続するかどうかはわかりませんが、何かのときに思い出してもらえるきっかけはできたと思います。

 

いい口慣らしのテキストがありました

いろいろあって、通訳の仕事から遠ざかってから、話す練習をまったくしていません。仕事があるかどうかわからないのに、追い詰められるようにシャドウイングやリピーティングをする必要がなくなって、精神的にはとても楽ちんなんですが、反対にたまには口を動かしたほうがいいかなあと思うこともあります。

書店で久しぶりに中国語テキストをのぞいてみると、こんな本が出ていました。


このシリーズの初級編中級編は、以前札幌で主宰していた通訳学習会で使っていました。学習会で使ったテキストの中でも圧倒的に評判がよくて、1周終わって復習するとき、順番が同じだと練習にならないというので、日本語――中国語を裏表にしたカードを作り、1人がめくって日本語を読み、次の人が中国を言う、という形式での練習もしました。

英語では「瞬間英作文」というすごく有名な教材がありますが、まああんな感じのテキストですね。英語は中学高校の貯金があるので、文からスタートしてもできますが、中国語はいきなり文ではなく、このシリーズのようにフレーズからというのが手堅いと思います。

あの頃はまだ上級編はなかったはず。あれば使ってみたかったなあ…と思いつつ、立ち読みでランダムに開いて日→中をやってみました。文字を見ながらだと、なんとか中国語にできそうですが、音だけだと怪しいかもしれません。それにしばらく口を動かしてないから、口まわりの筋肉が衰えている、絶対。これはいいなと思ったので、いずれやってみたいです。

さっさとやれよ、という感じですが、今、手をつけている勉強があるので、それが落ち着いたら。しゃべらなきゃならないシーンがないので、まあいいか、とやらない可能性も大(笑)。

自閉症は津軽弁を話さない

新聞の広告を見て、ぜひ読んでみたかった。期待通り、すごくおもしろかった。
ASDや発達障害に詳しくないので、わかりにくいところもあったけど、言語習得に関しては思い当たることとか、なるほどと思うことが多かった。
外国語習得に関して言えば、教科書で習う外国語は、ASDの子がテレビやビデオで共通語を覚えるようなものだ。俗語やいわゆる「こなれた言い回し」は、その言葉が使われる場面で覚えていかないと、ヘタに使って失敗する可能性があるが、反対に言えば、そういう言い回しを自然に使えるということは、その言語コミュニティで自然言語として獲得したという証にもなる。教科書では俗語やこなれた言い回しは覚えられないのである。
言語というのは、どこまでいっても社会やほかの人とのかかわりの中に存在するものだ。外国語をなりわいとする身としては、教科書で習った外国語をどうやって社会とかかわりのあるものにするか、教科書で習った外国語でどうやって意図理解・意図確認ができるようになるか、これがとても重要なのである。

最近の受注状況

コロナウイルス、なかなか収束が見えてきませんね。仕事は激減しましたが、ゼロにはなっていません。ありがたいことです。

この2か月ほどの受注を見ると、中国・台湾のエージェントからの仕事がほとんどです。ソースクライアントに至っては、日本企業はほぼゼロ。本当に日本経済はストップしているのかな…と思わされます。

もしかしたら、日本はまだまだ顔を合わせないで仕事を進めていくのに慣れていなくて、滞っているのかもしれません。

去年は夏からすごく忙しかったのですが、あんなに毎日毎日大量にあった案件がゼロになるって、誰が想像したでしょう。しょうがないやと思う反面、そんなに簡単にコロナにやられちゃうのという、残念なような、悔しいような思いもあります。

何もかもオンラインにするのがいいとは思いませんが、中国はオンラインで仕事をするのに慣れていますから、ウイルスの拡大がある程度収まったら、動き出しも早いのかもしれませんね。

うう…愚痴になってしまった。

仕事がなければないで、やりたいことはありますが、それでも依頼のメールが来ると嬉しいですね。今日もちょっとまとまった案件が来ました。明日から頑張ります。