翻訳地獄へようこそ

  翻訳地獄へようこそ 宮脇 孝雄(著) おもしろかった。というより、勉強になった。誤訳やまずい翻訳をしてしまうときは、たいていもう一歩の踏み込みが足りない、文化の知識が足りないというのは中国語訳も同じ。ただ、…

Continue reading →

中国語方言の聞けるサイト

こんなサイトがあることを教えてもらいました。 口音のある普通话のほか、さまざまな地方の方言(聞いてもわからない)も聞けます。スクリプトつきで何を言っているのか確認できるものもありますし、中国語の音を聞くのが好きなので、聞…

Continue reading →

くそ度胸をつけましょう

同学から急に「通訳するとき、気をつけることって何ですか」と聞かれました。何だろう、体調を整えることかなあ。でもなぜそんなことを? 聞けば、会社の業務で中国の支社に出張し、通訳をするように言われたそうです。その人は中国語の…

Continue reading →

京都へ行ってきました

例によって出張です。今回は仕事がぎっちりだったし、桜も終わっていて、楽しい観光はまったくできませんでした。 市内を歩くと見渡す限りの外国人。1度JRに乗り込んだら、座っていたフランス語を話している若い女性にさっと席を譲ら…

Continue reading →

中国と台湾のカッコの違い

中国の知人に頼まれて中日訳をときどきするのですが、その知人がものすごく約物にうるさい。カッコなら、日本語の「」と『』はどう使い分けるのか、中国語の《》とはどう対応するのかなどをいちいち聞いてきます。 おかげで私もその都度…

Continue reading →

通訳の地位

通訳に関する記事を続けて読みました。 この記事、手話通訳は民間の通訳者を採用しているとのことですが、事前に情報を与えないのは民間という「よそ者」だからという理屈なんだろうと想像します。仮にあの場に英語通訳者を同席させて新…

Continue reading →

英国王のスピーチ

市民アカデミーで君主制についての講義を受けたときに勧められた映画。中国出張の帰りのフライトで見たんだけど、新元号が決まって、君主つながりで思い出したので書いてみた。 すごくよかった。正直、行きのボヘミアン・ラプソディより…

Continue reading →