羊と鋼の森

羊と鋼の森
羊と鋼の森
宮下 奈都 (著)



幸せが約束されている童話という感じがした。
優しくて真剣だけど、実在感がない。
嫌いな小説ではないけど、どうにもならない現実が見えなくて物足りなかった。

ATOKをあきらめた理由

長い間、日本語IMEはATOKを使ってきました。使い始めの頃は無料で提供されるIMEにいいのがなく、確実に正しい日本語に変換され、辞書もひけるATOKは翻訳する際に「一択」といっていいほど使い勝手がよかったのです。

最近取り入れられたサブスクリプションではなく、いわゆる「買い切り」を使っていたのですが、今年パソコンを買い替えてソフトウェアも少し新しくする必要が出たので、ついでにATOKも見直そうと思いました。

サブスクリプションを前提に、1か月の試用版を使ってみたのですが、案に相違して、使いにくい! ものすごく!!

私は入力のときに単文節変換をしています。

わたしはにゅうりょくのときにたんぶんせつへんかんをしています。/

というふうに全部打ってから変換するのではなく、

わたしは/にゅうりょくのときに/たんぶんせつ/へんかんを/しています。/

と文節ごとに変換していく方式です。これは大昔、ワープロ専用機を使っていた頃からの癖なので、もう直りません。変換(スペースキー)を押す回数が多くなるとか言われますが、1つ1つ変換を確認しながら進めていけるし、この方が間違いが少ないと思っています。

ところが新しいATOKは、この単文節変換にとてもとても弱いのです。

たとえば、

……経済が非常に好調である。好調の原因は……

なんて打ちたいとします。1つ目の「好調」で変換を確定すれば、2つめの「好調」は1回で変換されるはず。学習機能があるから。でも、されません。2つ目で1回変換すると「校長の」なんかになるのです。

「あっ」と思ってバックスペースで消していって、もう1度「こうちょうの」と打って、1回では「校長の」になると思うから2回変換すると、今度は1回で「好調の」に変換され、結局2回めの変換「校長の」が確定されてしまう…のです。

よく使う同音異義語は、ことごとくこの有様。これは本当に参りました。何か設定があるはずだと思って、いじってみるのですが、変わりません。あれこれ調べていると、まったく同じことを書いてあるブログを見つけました。困ってるのは私だけじゃなかったようです。

実はATOKを使っていてもう1つ問題がありました。

私はkarakで提供してくださっているpinconvを使っています。もうだいぶ長くアップデートされていませんが、基本はテキストエディタなのでさほど困ることはなく、今でも使い続けています。

ところが、pinconvで新しいATOKを使うと、バックスペースを押したときに半角の空白が残るのです。ですから、1文字消すのに2回バックスペースを押して、その半角の空白を消さなければなりません。でも2文字目からは半角空白は残りません。

これも理由がわからない。ほかのIMEでは出ない状況なので、ATOK独自の問題か、pinconvとATOKの相性なのだと思います。

結局、こうした理由でATOKを使うのをやめることにしました。変換キーとかバックスペースとか、キー1つを何回押すかだけのようですが、毎日大量に文字を打つ商売なので、すごく大きな問題です。

今はGoogle日本語入力を使っています。以前に比べて変換が正確だし、単文節変換でもストレスがありません。変換候補の提示も見やすいし、満足しています。

あと、ATOKにサブスクリプションのお金を払わずにすんだのもよかったかな。

 

翻訳者の朝のルーティン

いま流行りの「朝のルーティン」、私はこんな感じです。

目が覚めたらまずふとんの中で顔のマッサージをします。リンパを流すってやつ。ひととおりやるとぱちっと目が覚めます。これは目の疲れがひどいのでやり始めたんですが、全体に顔のむくみがとれて、少し小顔になりました。

Google Homeに声をかけ、天気予報など聞きながら次はストレッチ。昔から腰痛持ちで、数年前にはひどいことになった経験があるので、「簡単で効果あり!」というストレッチをネットで見つけると試してみて、確かに簡単で効果があるなと感じるのをいくつかやっています。おかげで調子いいです。

起きて身支度、朝ご飯、新聞に目を通して、かんたんに部屋を片付けて…という普通の朝。

それからパソコンに向かいます。まずは昨日の日記をevernoteに。何をしたか、何があったかを簡単に書いて、写真を撮っていたらそれも添付します。evernoteは完全に情報収集ツールじゃなく、ライフログになっちゃってますね。家計簿アプリに昨日の出費も記録。

本当は夜やるべきなんでしょうけど、夜はパソコンやスマホの画面をなるべく見ないようにしたいので、翌朝やっています。

新聞で気になるニュースがあったときは、ネットでも見ます。日経を見ることが多いかな。でも無料会員なので読めるのは月に10本まで。有料会員になりたいけど、高いのでずっとこのままです。

それから、定期的に読んでいるブログをひととおり巡回。以前は中国語学習関連のブログをたくさん読んでいたのですが、SNSに移る人が多いのか、更新されなくなってしまったものが多くて、今年に入ってだいぶ整理しました。いま読んでいるのは更新頻度が高いものばかりです。私もせっせと更新しなきゃ。

このへんまで来るとウォーミングアップ終了。さっ、仕事、仕事という気分になっているので、翻訳を始めます。

札幌にいた頃は通訳や講師の仕事もしていて出かけることが多かったのですが、去年首都圏に戻ってからはほぼ翻訳だけになって、だんだんこういうルーティンができてきました。ついでに朝型になりました。午前中が勝負です。

 

繁忙期です

夏から秋にかけての怒濤の出張ラッシュも先週の仙台を最後に終了しました。いつも行って仕事して帰るだけなので、観光などほとんどできず、地元のおいしいものを食べ、駅でおみやげを買うのがささやかな楽しみです。

最近、駅のおみやげ屋さんってすごく充実していますね。仙台も何回か行っていますが、そのたびに珍しいものを見つけられるのでうれしいです。今回は金華サバの生ハムというのを買ってきました。冷凍なので、まだ手をつけていません。楽しみ~

これはおいしい仙台のお寿司。北海道もお寿司はおいしいのですが、ちょっとシャリが大きいのが玉に瑕。だんな曰く「仙台の寿司は垢抜けてる」だそうです。

おいしい思い出に浸っていたいところですが、帰ってきたら仕事が忙しくなりました。今年は8月くらいから受注が増えてると感じてたんですが、10月11月になってさらにその傾向が顕著になっています。

仕事の件数が多いというより、1件の分量が多いです。小さいのをちょこちょこやるより効率がいいのでありがたいですが、納期が読みづらい。何日でできますかとか聞かれても、1週間2週間先のことなんて答えられないなあと思ってしまって、翻訳者としては失格ですね。

今日も2件打診がありました。どちらもかなりボリュームのあるパワポ。パワポは手間がかかるので、若干気持ちは引きぎみなのですが、やれるタイミングで受注したらがんばるしかないです。

上海で本をネット購入しました

上海書城では仕事に使えそうな専門辞書を2冊ほど買いました。

今ほど規制がかかる前に微信支付を始めていたので、それで支払いました。両替が面倒だし、物価が上がるのに高額紙幣が発行されないし、紙幣も硬貨も種類が多くてさいふが重たくなるので、中国はアプリで支払えるのがありがたい。でもスマホの電源を入れ、アプリを立ち上げ、支払いバーコードを表示させる(あるいはスキャン画面を出してスキャンして金額を入力する)というのはけっこう面倒。SuicaやPasmoやNanacoやWAONで一発で支払える日本の方式のほうがはるかにいいです。日本でわざわざ決済アプリを使う気にはなりません。

それはともかく、微信支付にも面倒なことはあり、公众号(微信の公式サイト)を持っている店で使うと、自動的にそこをフォローしたことになって宣伝メッセージがどんどん送られてくるのです。まあフォローをやめればいいだけなのですが、パン屋、銀行、上海軌道交通、チェーンの麺屋…次々に送られるメッセージにはちょっとうんざりです。

上海書城からもメッセージが送られてきました。見ると「故宮日暦、入荷しました!」

故宮日歴は以前、仕事で翻訳した記事の中に出てきたことがあり、見てみたいなと思っていたので、食指が動きました。とはいえ、その日以降は予定がつまっていて、また上海書城に出向くのはちょっと厳しい。まああきらめよう、空港とかどこかで見つかるかもしれないし…と思いましたが、メッセージの下に「購入はこちらから」のリンクがありました。ネットで買えるのです。

その時点で、上海滞在はあと5日ほど残っていました。配送はEMSなので、上海市内なら多く見積もっても2~3日で届くでしょう。このホテルを送り先にしたら受け取れるんじゃないか。ということで、やってみました。支払いは微信で、値段は76元。しかもネットでの購入が初めてだということで割引がきき、57.8元になりました。

結果、翌々日にはこんな感じでホテルに届きました。配達員の人からSMSで「ホテルのフロントに届けておきました」のメッセージも入りました。


実際の本はこちら。


見開き左右で1日、左には毎日違う故宮の文物が紹介されています。すべての写真がカラー。ちなみに、このページは「珍妃の井戸」です。

ものすごく文化財好きでもないし、歴史に詳しいわけでもないですが、毎日本を開く時間はちょっと楽しそうです。

今回はホテルに長く滞在したことと微信支付を使っていたことで、こんなサービスを使うことができました。次に行くときも、事前に調べておいてやってみようかと思います。