大晦日

首都圏に戻って最初の年越しです。年またぎの仕事がほとんどなくて、ちょっとのんびりな大晦日なので、今年の振り返り。 今年は本当に忙しかった! 覚悟はしていたのでそれ自体は驚きではなかったのですが、身体のきつさは想定していま…

Continue reading →

東大落城

警察小説にはまったところだったので、こんな本を読んでみた。 東大落城―安田講堂攻防七十二時間 (文春文庫) 佐々 淳行 最後に事件当時と今(この本が書かれた時点)との日本社会のギャップについて述べられているが、東大安田講…

Continue reading →

64(ロクヨン)

本を読むのに結構エネルギーがいるようになった。最近はふとんの中で読み始めても1ページもいかないうちに寝てしまうことが覆い。 でもこれは久しぶりに夢中で読んだ。上巻は夜更かしして読み切ったほど。 横山秀夫は心理描写に妥協が…

Continue reading →

繁体字

10月までのバタバタはどこへやら、11月は少し仕事が減りました。とはいえ、ちょこちょこと小さい翻訳は入ってきていたので、仕事のスピードが緩んだだけで、作業時間はあまり変わっていません。だらだらやっていたというとよくないの…

Continue reading →