資料パンフ

卓越で頼んでおいた本が届きました。はっやー。80元けちらないでよかった。

いそいそとあけてみたら、さすが7元、本とは呼べないほどの薄さ。それに比べてエアーパッキンの量、箱の大きさ、すごすぎる。封筒で送ってくれりゃいいのに。中身はちょうど私の期待した程度の難しさでした。でかいほうの本にしなくてよかった。

まずは読めない漢字にピンインをふりつつ、通読して、これまで予習した知識とすり合わせ。読み終わったら図書館で借りた本やらネットで調べた資料やらをひき比べて、単語リストを作成。それを頭にたたきこんだり、資料を繰り返して読んだり、中国語資料の音読をしたりする。ってのがだいたいの通訳準備のプロセスです。

ほかに効果的な準備があったらぜひ教えてください!!

ところで、以前の仕事でもそうだったんだけど、役所や関連団体が出してる啓蒙用パンフって、役立ちますね。とにかくわかりやすい。啓蒙用だから当たり前だけど。あと、最低限必要な用語がわかる。どの単語から覚えたらいいのとか、絶対忘れちゃ困る単語はどれなのというときの目安になります。

サイトにPDFでアップされてたらそれをプリントして、もらってきたものならそれをコピーして、そこにどんどん中国語訳を書き込んで勉強すると、全然知らない分野を予習するときのテイクオフには最適です。

今回の分野も啓蒙用パンフがあって、サイトからプリントできました。けっこう専門的なことも書いてあるし、勉強になりました。ただ、カラーインクが減る…。

あ、中国の出版社の名誉のために言っておきますが、卓越で買った本はさすがにパンフよりは専門的でしたよ。

卓越

通訳の仕事が入り、準備にとりかかった。

まずネットで関連情報を手に入れようと思って調べたけど、テーマがピンポイントで専門的なので、ほんとに数行程度の概要か、高度に専門的なサイトしか見つからない。これでは用語を取り出すのは無理かも。

そこで本に頼ることにする。もちろん買ってもかまわないんだけど、借りられるなら借りたほうがいい。札幌の市立図書館は蔵書も多くて使える本が多く、大学院にいる頃からよくお世話になっているので、まずは市立図書館のサイトで検索してみる。関連書籍は数冊みつかったんだけど、ほとんどが「禁帯出」1)最近は「貸出禁止」と言うらしく、このことば、聞きませんね。私は小学校のとしょしつ時代から慣れ親しんでるので、つい使っちゃう。借りられちゃうということは考えにくい本ではあるけど、わざわざ遠くの図書館へ行かなくていいのは便利だ。とりあえずこれを読んでみて、ほかに本を買うかどうか考えてみよう。

中国のサイトでも同じで、関連情報はあまり見つからない。日本の本を読んで用語を取り出してもいいんだけど、今回は中国事情についての話を通訳することになるので、中国側の情報がほしいところだ。そこで卓越。関連書籍は2冊みつかった。1冊は100元以上しているので、専門的すぎてどこを読んだらいいかわからないような本だろう。もう1冊は7元、一般向け啓蒙書って感じか。これがいいんだけど、7元の本のために80元もの郵送料はイヤだなあ。書虫東方書店で同じくらいの値段で手に入るならそっちのほうがいいかと思って調べてみたが、書虫には100元以上してる方しかなく、東方書店には関連書籍はなかった。

ネットで本を買うなら当当网というのもあるんだけど、ときどきおじゃましているMarieさんのブログMandarin Noteに当当网でトラブルがあったことが書かれていて、ちょっと買いたくない感じ。とにかく早くほしいので、高くつくかもしれないけど、卓越にする。

ネットで本を買うのはクセになっちゃいそうでこわいんだけど、「早くこないかな~」と待ってるときが楽しい。これが趣味の本だったらもっと楽しいんですけどね。

追記:卓越で支払い処理をしていたら「1回の支払いごとに0.5元を四川大地震の義援金にあてます」とメッセージが。たとえ、わずかでも。

   [ + ]

1. 最近は「貸出禁止」と言うらしく、このことば、聞きませんね。私は小学校のとしょしつ時代から慣れ親しんでるので、つい使っちゃう

狼人虎剧

昨夜ちょっと必要があって、あっちこっちの動画サイトで武術関連の映像を探していたところ、すっかりはまってしまい、全然目的と関係ない画像を見始めてしまった。

そしたらなんと、西安留学中に某武術学校で一緒に練習していたH2くんが、YouTubeにその武術学校の様子を投稿しているのを見つけちゃったんである。1年の留学を終え、明日帰国するという状況で、学校の先生たちに一言ずつメッセージをもらっている映像だ。

うわーうわーうわーうわー! 見たことある場所、見たことある人のオンパレード。夜中だっていうのに大興奮。

H2くん自身もちょっと映っていたが、私と一緒に練習していた頃よりだいぶスリムになっていた。そういえば「学校の食堂が野菜ばっかりで、やせちゃう。肉食いたい」とぼやいていたっけ。私は「プロテインみっちりボディより、多少スリムになったほうが武術家としてはいんじゃないの~」と思っていたので、なかなかいい感じにやせたという印象だったんだけど。もう帰国してだいぶたつから、すっかりみっちりに戻っているだろう。

某武術学校は最近手狭になり、移転したと聞いているので、もうこの映像の場所はないかもしれない。そう思うと、よけいになつかしくて、繰り返して見てしまった。

H2くんは自分へのメッセージ映像のほか、その学校を舞台に撮影されたテレビドラマの一部もアップしていた。その映像にリンクを張ってみます。ドラマ自体もチャチだし、武術に関係ない人にはおもしろくもない場面ばっかですが、ま、私が練習してた学校ってことで。あと、興味のある向きには、純正陕西话が聞けますので、どうぞ。

今天,我们都是汶川人

今年、中国はどうなってるんだろう。大雪、チベット、聖火リレー、ギョーザ、手足口病…胡錦濤主席の訪日でやっとこさっとこ立ち上がったところでこの大地震。

私の中国語の先生は、中国の貧困地区に学校を建設する支援活動をしていて、すでに3校実現しているのだが、その学校のある場所が今回の地震の被災地に含まれているのだ。たぶん、現地とは連絡がとれる状態ではないだろう。新しく建設された学校に集まった子どもたちの写真を見せてもらったことがあるが、あの子たちは無事でいるのだろうか。

陝西省でも死者が出ているという。西安はちょっと離れてはいるけど、北京でさえ揺れを感じたというから、きっと揺れはあったんだろうと思う。被害が出ていないといいけど。

ネット上に政府の対応を批判する書き込みがあるとすぐに削除されているとの報道があるけど、たぶん本当だろう。私がここで怒ったってどうしようもないんだけどね。そういう国だってことは百も承知なんだけどね。

とはいえ、私も中国とは多少かかわりがある身、ここで「ほんとにオリンピック、できるの~?」1)こういう人、まわりに多くないですか?という無責任な発言をするつもりはない。

今天,我们都是汶川人。

すぐにこのスローガンを掲げた中国を信じたい気持ちもあるのだ。

   [ + ]

1. こういう人、まわりに多くないですか?

日本動漫

「単語集」に「日本動漫」のリストをアップしました。何の役に立つのかよくわかりませんが、必要な人にとっては必要かと。

世界を席巻している日本のアニメ・マンガ、中国でも例外ではない! 日中交流の場面、とくに高校生の交流ではまず絶対といっていいほどアニメやマンガの話題が出ます。片言の英語・日本語・中国語、筆談、身振り手振り、ふだんより増幅された表情などで楽しく交流している彼らに「通訳さーん」と呼ばれ、「これ、何?」と筆談の紙を見せられたら、マンガのタイトルだったという経験を、私はすでに数回しております。通訳としての経験の浅さに比べて、ちょっと多いんじゃないのという気がしないでもないですが。

《哆啦A梦》とか《樱桃小丸子》とか《蜡笔小新》あたりは常識の範囲だと思うんですが、もうそんなの聞いてきやしないんですよね。中国のタイトルを見て、意味はわかっても、私が日本のマンガを知らないんで、答えられないわけ。

《死亡笔记》のときは「えっと、“死ぬ”は見てわかるでしょう、こっちはね、“ノート”とか“メモ”とかいう意味なんだけど…」と知ってる人から見たらマヌケきわまりない説明をしていたら「あああー『DEATH NOTE』!」。

これはすぐさまわかってくれてよかったんだけど、タイトルが日中で全然違っちゃってるときもあって、私がもうちょっとマンガにくわしければ、交流がさらに盛り上がったんじゃないかと思うと、なんだかもう申し訳ないような。

てなわけで、調べてみました。とにかくザクザクと検索サイトから拾い上げていったので、間違ってるのがあるかもしれません。それと、大陸のサイトから拾っているので、香港や台湾では違うタイトルになっているものが多いと思います。今回、私が調べたときに使った手がかりもちょっと書いてますので、これから出る新作を調べるときなどに参考にしてもらえるとうれしいです。

それにしても、調べながら動漫ファンのネット利用率の高さを実感しましたね。なぜ「アキバ」という場所だったのか、わかったような気がしました…。

中国の血

 
中国の血
ピエール・アスキ (著), 山本 知子 (翻訳)

読んでいて現実感がなかった。文章のせいなのだろうか、内容があまりにもあんまりだからだろうか。中国のさまざまなことについて、少し感覚がマヒしてるかもしれない。もうちょっと傷ついたほうがいいんじゃないだろうか。ちょっと自分にとまどう。