ヘンな電話

ヘンな電話がかかってきた。

「もしもし」(私。中国語で)

「○※▲§◇@■♂」(何を言ってるのかまったくわからない)

「もしもし?」(中国語)

「※〒▲★♀≠◎¥∞デス」(日本語のつもりなのか?)

「どこにかけてるんですか」(中国語)

「▽&∞%■¥ニホン☆@♭Å」(日本語らしい)

「あああー?」(切れかかる)

「我是日本人。¶▼♀#△↓」(中国語部分だけはっきりききとれる)

「日本人ーー?」(中国語)

「ハイ。我是日本人」(中国語。はっきりききとれる)

「どこにかけてるんですかぁー?」(中国語。完全に頭にきている)

「………」(無言)

ここで電話をたたき切った。

誰がどう考えても日本人のはずがない。日本語(?)部分でわかったのは1つか2つの単語だけだ。

くっそー、「私は日本人なんだ、うそつくな」と言ってやればよかったといったんは思ってムカムカしていたのだが、ふと韓国人同学の話を思い出した。全然面識のない中国人学生からいきなり電話があって「韓国語を勉強しているので、話し相手になってくれ」とか言うらしい。

寮の各部屋の電話は外から直通でかけられる。電話番号は続いていてあまり変わらないのだろう。中国人学生が留学生の寮の電話番号が1つわかると、その近くの番号をかたっぱしからダイヤルして会話の練習相手を探すらしいのだ。

勉強熱心なのは結構だけど、こっちの都合も考えず、こういう電話のかけ方はやりすぎだと同学は怒っていたが、もしかしたら私のところにかかってきたのもそれに類するものかもしれない。

留学生なら「我是日本人」くらいの中国語はどんなレベルでもわかるので、それに反応して日本語をしゃべったりしたら、その電話番号にまたかけてくるのではないだろうか。

もしそうだとしたら、ひとことも日本語を話さなくて正解だったかもしれない。もう二度とかかってこないだろう。これからも相手を確かめるまでは極力不機嫌に中国語で応対することにしよう。

ファッションショー

交流大会が無事にすんで、日本からの参加者の人も今日は「遊ぶぞー」モードである。兵馬傭、華清池、青龍寺、清真寺と西安観光の王道を行く。

しかし…今日のトップはなんといってもシルクセンターのファッションショーだった。シルク製品工場の定年退職者66歳~83歳の方がモデルになって製品を紹介する。この年なのに、ふとももまでスリットの入ったチャイナドレスでぴしっと背筋も伸び、堂々たるものだ。あげくの果て、舞台からお客さんに向かってVサイン。

日本からの参加者の人も写真とりまくり、嵐のような拍手、とにかく大喜びだ。

IMG_0634

自分の工場の製品に誇りを持っており、より知ってもらいたいということで始まったそうだが、ただ買い物してもらうだけでなく、楽しんでもらうというアイデアもいいし、なにより舞台に立っているモデルの人が楽しんでいることもよく伝わってきた。

西安においでの節はぜひ見てみてください!

司会

東京と西安の太極拳グループの交流大会があった。なんと、なりゆきで司会をすることになってしまった。中国語の部分は旅行者の通訳ガイドの人がやり、私が日本語をやる。

日本語を言うだけなのだが、来賓の先生の名前を間違えないことと、中国側の主賓のあいさつの通訳は緊張した。事前にあいさつ原稿をもらっていて訳してあったのだが、やはりかんだりできないし、「原稿通り読む」と言われていたが、急にアドリブを入れられたりしたらどうしよう、なんて思うとひざがくがくだった。結局はアドリブもなく、来賓紹介もスムーズにすんだ。

交流大会もパーティーも予想以上に盛り上がって、みんな喜んでいた。ほっとした。

噴水

今日から5日間の予定で、東京の太極拳グループが西安に来る。代表の方と顔見知りということで3日ほどご一緒することになった。

到着して食事のあと、まずは夜の観光。今いちばんホットなデートスポット、大雁塔の噴水ショーを見に行く。このあいだは寒くてしょうがなかったが、今日はあったかかったので、結構楽しめた。やはり昼間より夜のほうがいい。

IMG_0605

水のない場所での噴水というのはいいアイデアね、と参加者の人が言っていたが、確かにそうかもしれない。

バス

天気がいいので、城内まででかけてみる。バス1本で行けるし、1元ですむのだが、土日のバスの混みかたはほんとうにうんざりだ。

IMG_0590

学校前から城内に行く603路は2、3分に1本ずつ来るのでちょっと待てばいいのに、来たらみんなが無理に乗ろうとするので遅れる。その間に次の603が来て抜いていったりしている。

もうちょっと考えようよー

日本語コーナー

ゆうべは日本語学科の学生に誘われて「日本語コーナー」というフリートークに行った。日本語のレベルはさまざまだが、積極性には感心する。あれだけ先を争ってしゃべろうとすれば上達は早いだろう。

しばらくして日本語学科の4年生という男の子が来た。「卒業論文のために何人かにお話を聞いているんですが、いいでしょうか」と言う。「今、日本では『冬のソナタ』や『世界の中心で愛を叫ぶ』が流行っていますが、こうした純愛ものが流行るのは何故だと思いますか」ときかれた。もちろん日本語だ。あらかじめ聞くことを用意していたのだとは思うが、発音もきれいだし、とにかく流暢だ。びっくりした。

あまりくずれすぎない日本語で、ときどきわかりやすいように言い替えながら話していると結構大変だ。大学の先生はいつも私にこういうふうに話してくれているんだなあと思うと、申し訳ないような情けないような。

週末の疲れもあって、今日は昼ごはんを食べてから昼寝をした。気づくともう夕方。やれやれ、年だ。

テレビドラマ

映画『山の郵便配達』の息子役をやっていた劉燁という俳優が主役のテレビドラマを西安テレビでやっているので、見ている。

「血色浪漫」というタイトルだが、ストーリーは…よくわからない。なぜかというと、毎回全部見られるとは限らないからだ。このドラマは午後7時半から1回分1時間、続いてもう1回分1時間を放映する。しかも毎日。土日も含めて毎日! 友達に誘われてごはんでも食べに行ったらもう翌日は全然わからない。3月7日に始まったこのドラマが、今日もう最終回だ。

中国の人はこんな放送のしかたで見られるんだろうか。中国人学生に聞いてみたら「うん、見るよ」という返事。

すごい。毎日約束とか断って見てるのかしら。「うーん、若い人は遊びに行ったりするから見ない人が多いね。でも主婦とか年寄りとかは見てるよ」

「日本ではドラマは週に1回しかやらないんだよ」というとびっくりしている。

「例えば木曜の8時なら毎週木曜の8時にやるの。1週間の予定ってだいたい決まってるから、見られないことはあんまりないんだよ」と言ったら、「じゃあ、ほかの曜日は何を放送してるの」と聞かれてしまった。

「他の曜日は他のドラマをやってるんだよ。この曜日はこのドラマ、この曜日はこのドラマ」

「うわー規則正しいんだなあ」…そう? そんなに規則正しい?

…だんだん自分の基準がわからなくなってきている。