ものすごい大失敗をしてしまった

年末に北京で買った本がおもしろかったので、久しぶりに中国語の本が読みたくなり、7月にいろいろ物色した結果、台湾の書店で3冊ほど注文しました。

以前同じところで注文したときは5日くらいで届いたのですが、今回はなかなか届きません。コロナの影響で国際郵便が遅れているという情報があるので、急ぐものでもなし、待っていたのですが、さすがに1か月たったのでおかしいと思い、問い合わせてみました。

するとすぐに返事が来て、ここに電話をするようにと電話番号を教えてくれました。そこへ電話すると取り次ぎだけのようで、実際の発送をやってるところの電話番号を教えてくれました。

そこで電話すると留守電メッセージ。「こちらは○○です」と会社名が聞こえてきましたが、その会社名に覚えがありました!

1か月ほど前、買い物に行っている間に宅配の不在連絡票が入っていました。差出人はまったく知らない会社、中身は「アパレル商品」と書いてあります。変だと思って念のためネットでその会社を調べると、コロナのマスク詐欺で槍玉に挙がっていたのです。これは詐欺だ、調べてみてよかったと思い、宅配業者に連絡して受け取りを拒否しました。

日記代わりのメモを見てみると、不在連絡票が入っていたのは、本を注文した5日後でした。1か月前、受け取りを拒否したあの荷物が、注文した本だったに違いありません。

なんでこんなことに…。宅配業者の不在連絡票の差出人が本とは関係のない、知らない会社名になっていたこと、中身が「アパレル商品」などまったく違うことが書いてあったこと。会社名がわからなくても、中身が「書籍」と書いてあれば、台湾からだと思ったはずです。まあ最初に届いたときに家にいれば、荷物の形状を見て本だとわかったでしょうけど。

もうどうすることもできません。その会社にもう1度連絡して文句を言うことはできますが、受け取りを拒否してしまったので、たぶん本は処分されているでしょう。

今回の配送は、台湾の書店→日本側の取次会社→日本側の発送会社→日本側の宅配業者→私、というルートになっています。その間に差出人も中身もわけがわからなくなっています。

海外からものを買うときは万一(こういうこと)があるので、あきらめのつく値段しか使わないので、本はあきらめますが、今後もこのルートで本が届くのなら、この台湾の書店は使いにくいですね…。

とりあえず、台湾の書店はいろいろ調べてくれたので結果を報告しようと思います。

 

サイトを見直したら初心を思い出しました

緊急事態宣言が解除されました。

外出自粛要請が出て、エージェント(と大元のクライアント)がリモートワークになり、仕事が減り始めたときは、「時間ができた!」と真っ先に思いました。

在宅で翻訳者をやっていると、自由で時間的にゆとりがありそうに思われますが、案外そんなことはないです。時間の使い方が下手なのかもしれないんですが、やっぱりいい翻訳にしたいので、あったらあっただけ時間をかけちゃいますしね。

せっかくだからこれを機に、まとまったことをしたいと思ったんですが、たいして何もできませんでした。

根本的な中国語を読み解く力を上げたいということに関しては、ひととおり漢文の復習ができたくらい。でも一応1冊テキストをやり上げたので、達成感はあります。

これまで翻訳した資料の整理は少しできました。Tradosを使うようになったので、これは引き続き時間をみてはやっていきます。

それから、オンラインでwordpressの講座を受けて、サイトの記事をだいぶ整理しました。整理しながら過去の投稿記事をいくつか読み返したんですが、以前はどんな気持ちで中国語や仕事に向かい合っていたのかを思い出せました。

初心などというと照れくさいですが、昔は必死でしたね。

中国語と関係のない、まったく客観的な立場の人にサイトを見てもらって意見を聞くことで、サイトに書いてあることを自分も客観的にみることができたんだと思います。これは忙しい時期には絶対できなかったことなので、もしかしたら自粛期間中の1番大きな収穫だったかもしれません。

アソシエイトリンクに問題が

このサイトで本を紹介するのに、以前Babylinkというサービスを使っていました。小さくてシンプル、とても気に入っていたのですが、Amazonのポリシー変更で使えなくなってしまいました。

しかたないので、アソシエイトリンクを使って似たような見た目になるようにしていたんですが、表示されていないものがあるのに気づきました。セキュリティソフトでトラッキングを許可すれば表示されるのですが、許可しなくても表示されているものがあります。

たぶん、htmlの書き方に何か問題があるんでしょう。どこに問題があるのか、よくわからないので、表示されているものの書き方に合わせて修正したら、表示されるようになりました。

私はPA-APIは使っていないのですが、使えればもうちょっと簡単にブログに挿入できるツールがあるようですね。気に入った本を紹介できればいいので、PA-APIを使えるようになるまでがんばるつもりは毛頭なく、htmlをいじるのも嫌いではないので、このままいきます。ちょうどコロナで仕事もなくヒマですし、ちまちまいじろうと思います。

BGMにOblivionを聴く

翻訳作業をしているときには、基本的に音楽は聴きません。特に歌詞があると、たとえ知らない言語でも頭がぐちゃぐちゃになります。歌詞がなくても、知っている曲はメロディを追ってしまって集中できないのでダメです。

普通はしーーーんとした状況で仕事をしているか、あまりに音がなくてさみしいときには雨の音をYoutubeで聴いています。

でも翻訳ではなくて、ほかのことで書類を作っているとか、ファイルの整理をしているとか、あまり根を詰めない作業では音楽を聴くこともあります。それでもやっぱり歌詞があるのは好きじゃないんですけど。

最近はまりにはまっているのがアストル・ピアソラのOblivionです。Youtubeで探すとすごくたくさんあるので、片っぱしからリストにしてシャッフルして聴いています。同じ曲なんだけど、楽器によって、アレンジによって、すごく表情豊かで、全然飽きません。

中でも一番気に入っているのはこれ。曲もいいんだけど、ダンスがものすごくセクシー。女の人はともかく、男の人はそこらのおじさんみたいな感じなのに…真っ昼間からこのセクシーさは反則でしょ…周りの人、よく平気でお茶なんて飲んでられるわね…と見入って手が止まってしまうので、要注意です。

北京へ行ってきました

遅ればせながら、年末に行った北京旅行について。

一昨年、去年は本当に忙しく、「やらなければならないこと」を期日どおりに間違いなくやることだけで終わってしまいました。自分の中で、仕事、趣味、義理、やりたいこと、やらなければならないこと…などに優先順位をつけているので、断れるものは断ればいいのですが、断れないこと、やらなければならないことだけで過ぎていった感じです。

そんなこんなでもう本当に疲れ果て、とにかく現実から逃げよう…という北京旅行。それでもパソコンは持っていき、どうしてもという仕事を途中でやったのですが。

今回はあまりうろうろせず、北京の街なかをのんびり散歩したり、北京話に耳を傾けたり、ホテルの部屋でお茶を飲んだりして過ごしました。旅行といっても初めての場所に行くと、観光や買い物に追われてしまいます。北京なら、今さら観光でもないよね、とのんびりできそうだったので選んだというわけ。

 

前門のスタバ。前門は香港資本で再開発したという話を聞きました。老北京のムードを残した再開発で、すでに観光スポット、テーマパークという感じでした。時代ですね。

 

うふふ。確かに。凍るね。


 

今回食べたもので一番おいしかった萝卜皮。永遠に食べていられると思います。


 

結論:人には休みが必要。

本当に何もせず、ボーッとする時間なんていつ以来だったかな。少し義理を欠きながら、無理して行った旅行でしたが、楽しかったです。そして少し無理すればちゃんとこういう時間が取れるということもわかりました。これからは年に1度はこういう旅行をしたいな。