翻訳者の朝のルーティン

いま流行りの「朝のルーティン」、私はこんな感じです。

目が覚めたらまずふとんの中で顔のマッサージをします。リンパを流すってやつ。ひととおりやるとぱちっと目が覚めます。これは目の疲れがひどいのでやり始めたんですが、全体に顔のむくみがとれて、少し小顔になりました。

Google Homeに声をかけ、天気予報など聞きながら次はストレッチ。昔から腰痛持ちで、数年前にはひどいことになった経験があるので、「簡単で効果あり!」というストレッチをネットで見つけると試してみて、確かに簡単で効果があるなと感じるのをいくつかやっています。おかげで調子いいです。

起きて身支度、朝ご飯、新聞に目を通して、かんたんに部屋を片付けて…という普通の朝。

それからパソコンに向かいます。まずは昨日の日記をevernoteに。何をしたか、何があったかを簡単に書いて、写真を撮っていたらそれも添付します。evernoteは完全に情報収集ツールじゃなく、ライフログになっちゃってますね。家計簿アプリに昨日の出費も記録。

本当は夜やるべきなんでしょうけど、夜はパソコンやスマホの画面をなるべく見ないようにしたいので、翌朝やっています。

新聞で気になるニュースがあったときは、ネットでも見ます。日経を見ることが多いかな。でも無料会員なので読めるのは月に10本まで。有料会員になりたいけど、高いのでずっとこのままです。

それから、定期的に読んでいるブログをひととおり巡回。以前は中国語学習関連のブログをたくさん読んでいたのですが、SNSに移る人が多いのか、更新されなくなってしまったものが多くて、今年に入ってだいぶ整理しました。いま読んでいるのは更新頻度が高いものばかりです。私もせっせと更新しなきゃ。

このへんまで来るとウォーミングアップ終了。さっ、仕事、仕事という気分になっているので、翻訳を始めます。

札幌にいた頃は通訳や講師の仕事もしていて出かけることが多かったのですが、去年首都圏に戻ってからはほぼ翻訳だけになって、だんだんこういうルーティンができてきました。ついでに朝型になりました。午前中が勝負です。

 

上海で本をネット購入しました

上海書城では仕事に使えそうな専門辞書を2冊ほど買いました。

今ほど規制がかかる前に微信支付を始めていたので、それで支払いました。両替が面倒だし、物価が上がるのに高額紙幣が発行されないし、紙幣も硬貨も種類が多くてさいふが重たくなるので、中国はアプリで支払えるのがありがたい。でもスマホの電源を入れ、アプリを立ち上げ、支払いバーコードを表示させる(あるいはスキャン画面を出してスキャンして金額を入力する)というのはけっこう面倒。SuicaやPasmoやNanacoやWAONで一発で支払える日本の方式のほうがはるかにいいです。日本でわざわざ決済アプリを使う気にはなりません。

それはともかく、微信支付にも面倒なことはあり、公众号(微信の公式サイト)を持っている店で使うと、自動的にそこをフォローしたことになって宣伝メッセージがどんどん送られてくるのです。まあフォローをやめればいいだけなのですが、パン屋、銀行、上海軌道交通、チェーンの麺屋…次々に送られるメッセージにはちょっとうんざりです。

上海書城からもメッセージが送られてきました。見ると「故宮日暦、入荷しました!」

故宮日歴は以前、仕事で翻訳した記事の中に出てきたことがあり、見てみたいなと思っていたので、食指が動きました。とはいえ、その日以降は予定がつまっていて、また上海書城に出向くのはちょっと厳しい。まああきらめよう、空港とかどこかで見つかるかもしれないし…と思いましたが、メッセージの下に「購入はこちらから」のリンクがありました。ネットで買えるのです。

その時点で、上海滞在はあと5日ほど残っていました。配送はEMSなので、上海市内なら多く見積もっても2~3日で届くでしょう。このホテルを送り先にしたら受け取れるんじゃないか。ということで、やってみました。支払いは微信で、値段は76元。しかもネットでの購入が初めてだということで割引がきき、57.8元になりました。

結果、翌々日にはこんな感じでホテルに届きました。配達員の人からSMSで「ホテルのフロントに届けておきました」のメッセージも入りました。


実際の本はこちら。


見開き左右で1日、左には毎日違う故宮の文物が紹介されています。すべての写真がカラー。ちなみに、このページは「珍妃の井戸」です。

ものすごく文化財好きでもないし、歴史に詳しいわけでもないですが、毎日本を開く時間はちょっと楽しそうです。

今回はホテルに長く滞在したことと微信支付を使っていたことで、こんなサービスを使うことができました。次に行くときも、事前に調べておいてやってみようかと思います。

パソコンが届きました

2週間くらいかかるとのことでしたが、意外に早く届きました。なのに、届いた日に夕方から出張しなければならず、設定はおあずけに。出張中に届けば留守してたので、よかったと思いましょう。

出張から帰ってきてまずはパソコンの設定。モニタやら何やらを新しいのにつなぎ替えます。モニタはどちらも問題なくつながりました。

キーボードはちょっと小さくなって、打ちごこちが柔らかくなりました。タイピングが強いほうなので、手の疲れが多少は軽減されるかな。古いキーボードは、いくつか文字が消えちゃってます。

まずはリカバリディスクを作らなきゃなりませんが、今はCDじゃなくてUSBメモリに作るんですね。急いで買いに行きました。

いろんなことをGoogleで管理しているのでChromeは必須。Googleにがんじがらめにされてるとは思うけど、使い勝手もいいし、乗り換える手間が大変(過去にチャレンジしたことがあるけど挫折した)なので、やっぱりインストールしました。

セキュリティソフト、Office、テキストエディタを入れたら仕事関連は終わり。ATOKが古くなってて、サブスクリプションにしようか、MicrosoftのIMEを使おうか悩んでいるところ。ChineseWriterはもう使っていませんが、辞書がありがたいので、これだけインストールできないか、あとでチャレンジしてみます。

EvernoteとWeChatなど、プライベートで使っているアプリを入れたらとりあえず終了。Adobe PhotoshopとPremierがあったんですが、ダウンロード版でシリアルナンバーを紛失してしまったのでインストールできません。Windows10で保証されてない古いバージョンだし、代替ソフトを探すか、必要なら新しいのを買います。

新しいパソコンの設定はあっという間でしたが、古いほうの処分がたいへんそう。まだ動いているのでデータ消去して売ってみようと思ってます。

名古屋に来ました

出張で名古屋へ。仕事があるのは13日で、12日に前泊予定だったのですが、台風で12日の移動ができないかもしれないので、さらに前倒しで11日に移動しました。

ネットで新幹線の予約をしたんですが、なんと指定席の予約を間違えてた! 急いで予約しなきゃと焦ってたんですかねえ。その時点でほとんど満席だったので、あいてるのを見つけて、よく確かめずに取ってしまったんですね。ショック。そして反省。

予想はしてたんですが、同じように、早めに移動しようと考える人で新幹線は満席。結局自由席で立って移動になりました。よかった、名古屋で。福岡出張だったらと思うと……。

挙げ句の果てに傘が壊れました。無印良品の骨を折らずにたためる折りたたみ傘なんですが、家から新幹線駅に向かう途中、突風も吹いていないのに骨が折れ(正確には、骨を折るところの金具がとれた)、さらに傘を開くボタンのカバーがとれました。今は直接金具を押し込みながら、骨折傘を開いたり閉じたりしています。

台風で出張という、ある意味究極の状態で壊れたので、ショックが大きく、品質に対する怒りが10倍増です。タイミングが悪かったですね。申し訳ないですが、無印の傘はもう買いません。折らずにたためるの、気に入ってたんですけど。

いろいろあったんですが、名古屋で丸1日空きになったので、これはまあよかったかもしれません。午後から暴風雨とのことなので、朝のうちにホテル近くのコンビニで昼食と夕食を買い込んできました。今日はホテルにこもって、たまっている事務仕事と、休みにやろうと思ってできなかった講義ノートのまとめをやるつもりです。

 

つかの間のお休みでした

少し早めに起き、今朝納品分の最終チェックをして納品したら、手持ちの翻訳がすべて終わりました! 進行中の案件がなく、完全お休みになるのは何か月ぶりだろう…

休みになったらやろうと思ってたことがいくつかあります。

1)スカートを縫う
2)市民講座の講義ノートをまとめる
3)マッサージに行く
4)映画を見る

悩んだあげく、まず何をするにも元気にならなければと、マッサージに行くことにしました。

近所ではなく、電車に乗って行かなきゃならないんですが、リーズナブルな価格でとっても腕のいいマッサージ師さんのいる治療院があるので、予約して少し早めに出発。

20分くらい雑貨やさんをのぞき、旅行にもっていくアクセサリー入れをどうしようとか、こういうことをふわふわ考えるのってものすごく楽しいですよね。まあ結局は買わなかったんですけど。

マッサージがすむと、すっかり身体も軽く、のびのび~っとなりました。来てよかった。

あとは夕食の買い物かな~などと思いつつ、帰りの電車でスマホを見ると…翻訳依頼のメール! しかも、どちらかというと大量案件。

ああ。帰ったら仕事だ…。

「お引き受けできます」メールを打って、つかの間のお休みは終了しました。

次のお休みの頃はまた疲れ切ってマッサージかなあ。ほかの「やりたいこと」はなかなかできそうにありません。

気持ちのいい店員さんにアドバイスを受けました

出かけたついでにパソコンショップへ行ってみました。今よりスペックを落としたくないなあ、でもビデオ編集とかするわけじゃないし、メモリは8Gでいいだろうか…などと思いながら見ていたら、しばらくして、接客していた店員さんがこちらへやってきました。

「何か検討されてますか?」と言われ、買い換えを考えていること、今のパソコンをいつ買ったか、スペックはどれくらいか、ふだんどんな使い方をしているか、最近起こっているちょっとイヤな状況などを話していくと、「ほぉ、ほぉ」と聞いてくれます。

ひととおり話した後、

私「もうそろそろ買い換えたほうがいいですかねぇ?」
お店の人「そうですねぇ、新しいと作業もはかどりますしねぇ」

ってな感じの会話が続くであろうと想定していました。ところが実際に起こった会話は、

私「もうそろそろ買い換えたほうがいいですかねぇ?」
お店の人「というより、今までよくもちましたね」

がぁぁーーん。そんなひどいことになっていたとは!

そして、ブラウザのタブをたくさん立ち上げて調べ物をするなら、メモリは16Gあったほうがいいです、ノートパソコンでも使うならOfficeは別売りを買ってください、モニターは今のやつが使えますがつなぎ方が変わります、ハードディスクはSDDとHDDの両方あるやつがあるので、ふだんよく使うエリアと保存しておくエリアで分けて使えばよりスピードも出ます、来週の火曜日までなら割引が適用されます、などなど、私が知りたかったことを的確にアドバイスしながら、同時にパソコンを操作して見積もりをちゃちゃっと出してくれました。なんと気持ちのいい店員さん。

パソコンショップに行くのをためらったのは、あれもいいし、こっちもいいし、新しいこれは高いけどすごくいいし、みたいに一番知りたい情報が得られないことが多いから。半年ほど前にもちょっと買い換えを考えて、秋葉原に行ったついでに寄ったところはそんな感じでがっかりしたんですよね。でも今回の店員さんはパーフェクトでした!

見積もりをホチキスで止め、「ちょっと高いかもしれませんが、これなら後悔なく使えるはずです。ご検討下さい」と最後まできびきびと手渡してくれたので、それを受け取りながら、すばやく名札を見て名前を覚えました。買うときは指名します!

マズイことになってきました

パソコンの調子がどうも悪いです。一番マズイのがIMEで、日本語/中国語の切り替え、かな/英数字の切り替えが効かないとか、文字がまったく入力できなくなる(フリーズする)とかがちょくちょく起こります。その都度、アプリケーションを立ち上げ直したり、パソコンを立ち上げ直せば直るんだけど、ちょっと面倒。

あとは何もかも動作が遅くなってきています。起動にかかる時間がすでに分単位に…。だめですよね、これ。

このパソコン、そろそろ7年になりますねえ。途中でメモリを16ギガに増やし、windows10にアップデートし、快適に使えてはいるのですが、いかんせん時間が経っている。

だましだまし使っていると、ろくなことにならないというのは過去に何度も味わっています。ここ数年は翻訳の仕事が増えているので、クラッシュするとショックは以前の比ではありません。

実は、継続して入る仕事や、シリーズものの仕事が増え、TRADOSに色気が出ているところだったのですが、パソコン買い換えとなると、予算がきびしいので見送らざるをえません。

買い換えないですむかどうか、私では判断できない。ショップに相談すれば買い換えろというに決まっている。

ああ、どうしよう。

誰か、最新のデスクトップパソコン、プレゼントしてくれないかなあ。