漢文の勉強は一段落です

漢文ひとり学び』の勉強を終えました。

高校の漢文のように句型を覚えて、それをあてはめつつ読むというやり方ではなく、訓点は一切出てきません。でも、書かれていない訓点を想定しつつ読んでいることがあるんです。若い頃たたき込まれたことって、忘れていないものです。

かと思えば、そのまま中国語読みして理解していることもありました。つまり、漢文(中国語の古文)を読むとき、漢文と文言文それぞれの断片的な知識を総動員しながら読もうとしているということですね。

翻訳している現代中国語の文章の中に、古文らしき言い回しの引用が出てきた場合、訳文に漢文の読み下し文を入れることが多いと思うので、読み下せるようになれたらいいなということで復習していたのでした。

でも今回ひととおり復習して、簡単に読み下せるようにならないことがわかりました。でも同時に、この本と漢和辞典を頼りにすれば、皆目見当がつかないこともなさそうです。というより、ここからいろいろな漢文を読んで訓練していくものなのですよね。

最後の課の課題文が思ったより読めたのと、漢文の訓練を本格的にする必要が今はあまりないので、これで一段落にしようと思います。忘れていた高校時代の知識を思い出せたり、現代中国語文法と関わる部分がわかったり、漢文の読み下し文が日本語の古文と同じではないことを知ったり、いろいろな発見がありました。

それから、漢和辞典は絶対あった方がいいと思いました。以前1冊持っていたのですが、いつの間にか処分していました(たぶん引っ越しの時)。探すとその新版が出ていたので、注文しました。以前は気づきませんでしたが、辞書の最後の資料編にも漢文についての説明があります。

全訳漢辞海 第四版
全訳漢辞海 第四版 (日本語)
戸川 芳郎 (監修), 佐藤 進 (編集), 濱口 富士雄 (編集)


中国語検定協会の学習サイト

仕事がすっかりなくなってしまいました。完全に解放されたらせいせいすると思っていたのですが、いざそうなってみるとどうやって時間をつぶそうか、悩みますね。

あらゆる行事が中止になっているので、今年の試験はどうなるだろうと、久しぶりに中国語検定のサイトに行ってみました。すると、オンライン学習支援ということで学習コンテンツがアップされているではないですか!

内田慶市先生の中国語のすすめ、中国語学概説、文化交渉学概論。加藤徹先生の中国語発音学習教材。ほかにも学習サイトへのリンクがいろいろあります。

今、漢文の復習をしていて、中国語文法もさらいたいなあと思い始めています。文法書を改めて読むのはおっくうだし、何か方法はないかと思っていたので、これはうれしいです。

中国語学概論は「第1回 中国語はどういう言語か」から、「第12回 文化の翻訳」までタイトルが表示されているので、どんな内容かわかりますが、文化交渉学概論は「第一講」「第二講」……とあるだけで、内容が想像つきません。なんだかわくわくします。

時間はたっぷりあるので、「中国語のすすめ」から1つずつ勉強していきます。

漢文もできなければいけませんね

先日「国会図書館に行きました」という投稿で、翻訳原稿に毛沢東のことばが出てきたときのことを書いたのですが、「通訳・翻訳ブック」のサイトに、古典の引用についての記事がアップされていました。

みんな苦労されているんですね…。

有名なものならインターネットでも調べがつく可能性が高いですが、出典がわからない、もしかしたら出典はなくて筆者が古漢語で書いているだけなのか、わからない場合もあります。そうすると最低限、読み下しができて、何が書いてあるかわからなければいけない。

記事の中で竹内さんはさらっと読み下していらっしゃいますが、簡単なことではないです。

私は高校時代と大学院時代の貯金で読み下していますが、もうその貯金は使い果たしました。先日は「作」で誤訳してしまいましたし(やはり古漢語は難しいです)、天の声が勉強しろと言っているのかも。

コロナウイルスの影響で仕事が減っているので、このすきに少し復習しようかな。


昨日はへとへとになりました

こちらへ戻って来て、ある場所で中国語の勉強を続けています。昨日は授業があったのですが、久しぶりにがっちりとリスニングをやりました。

使った教材はスピーチの録音で、会話独特の省略や飛躍があり、早口で、完全な標準の発音でもなく、いわゆる上級レベルです。

やり方は、音声を聞き、スクリプトで意味を確認し、音声を聞きながら一緒に読み、また音声を聞く、その繰返し。

これ、シンプルだけど、ものすごく効きます。最後には聞き取れるようになる。ただ、高い集中力をずっと維持しなければならないので、帰ったらへとへとでした。

リスニングは私にとっては鬼門です。教科書や学習用教材のリスニングはだいたい聞き取れるんですが、生の音声はニガテ。どんなふうにトレーニングしたらいいか…と例によって学習法で迷っていたのですが、昨日やってみて、結局どんな教材も同じなんだということに気づかされました。

音と意味を結びつけること。それに尽きます。

原点に返ることができた気がしました。

リスニングのトレーニング方法については、高田裕子先生のブログが参考になります。

中国語方言の聞けるサイト

こんなサイトがあることを教えてもらいました。

乡音苑

口音のある普通话のほか、さまざまな地方の方言(聞いてもわからない)も聞けます。スクリプトつきで何を言っているのか確認できるものもありますし、中国語の音を聞くのが好きなので、聞いてるだけで楽しい。

説明を見ると、ボランティアで音声をアップロードしているんですね。こんなプロジェクトがあるなんてすごいです。