廃品生活

著者 : 胡嘉明,张劼颖
生活.读书.新知三联书店
発売日 : 2020-01
香港中文大学の女性研究者2人による、北京冷水村での社会学フィールドワークの成果。

冷水村は大都市と農村との境界。北京中心部のように家賃や物価が高くなく、管理も厳しくないために、よそから来た人にとっては暮らしやすく、同時に大都市北京での大量消費によって生まれるゴミや廃品によって経済を成り立たせることができる。まさにこの場所だからこそ、なのだ。
ゴミ・廃品処理は、本来ならば行政サービスのはずだが、そのサービスネットワークが完全に機能しているわけではないのだろう。だから彼らの存在する可能性と必要性が生まれる。ここで廃品を扱って暮らしている人は、農村部から大都市に来て働くいわゆる「農民工」とは違うという。「農民工」は企業によって管理されているが、冷水村の人々はそこには入らない。こうした通常の経済サイクルや行政の管理から外れる存在を「散工」と名付けている研究者がいるそうだ。
彼らには二重の葛藤がある。よそ者であることの葛藤。管理された農民工には、都市人口と同等の(あるいは近い)サービスが受けられるよう、門戸が開かれて始めているが、彼らはその範疇に入らない。そして、ゴミという汚れた存在に関わることの葛藤。この本では、彼らがどのようにしてこの仕事を始め、どう暮らし、どうやってこの葛藤を乗り越えて「尊厳」を守っているのか、を探っている。

さまざまな人が描かれているが、多くの人に共通していることがいくつかあった。
故郷に対する気持ちと、今生きている北京に対する気持ち。ゴミを処理してお金を貯め、故郷に誰も住まない家を建てる。これが「尊厳」だとしたら、あまりに悲しくないか。
子どもの養育と教育。子どもを故郷に置いておくか、手元に引き取るか。故郷の学校に行かせるか、北京の学校に行かせるか。北京で優秀な成績を取り、重点中学に入学させることができたものの、北京市民の子と差が開き、故郷の高校に転校して大学受験することになった子のエピソードは苦かった。
「自由」。北京の工場へ出稼ぎに来て、管理されて働くのに嫌気がさし、廃品処理に転じた人たち。実際には毎日朝から晩まで廃品を回収しているのだが、好きなときに行って好きなときに帰っていい、行きたくなければ行かなくていいのが何よりいいと言う。この気持ちはわかる。フリーランスは自分で自分の働き方を決められることが最大の魅力だ。

これまでの中国研究で見たことのなかった視点だが、結局描かれたのは都市と農村を分ける制度のひずみ。この本の限界というより、中国はどこから入っていっても、その問題にぶつかるのだということを証明したのだと思う。

最期の言葉の村へ:消滅危機言語タヤップを話す人々との30年

以前、故・千野栄一先生の言語学の講演を聴いたとき、世界にわかっていない言語はほとんどなくなってきた、残っているのはニューギニアだ、とおっしゃっていた。この本で調査対象となっているタヤップはまさにそうした言語だ。
しかし言語に関する記述はさほど多くなく、主に言語調査をする過程での筆者と村の人々との「あれこれ」が描かれている。(言語に関する研究は、別に博士論文として完成されている)
これが実におもしろかった。ところどころに、村の人々との別れがたい感情のつながり(いわゆる涙腺崩壊的な)が垣間見えるものの、おおむね非常に冷静で客観的な研究者の目でできごとを(自分自身も含めて)詳細に描いている。読んでいるうちに、だんだん村の様子を自分で見てきたような気持ちにさえなった。
言語が消えるのは残念だ。しかし残念だというのは、当事者である村の人に対する傲慢ではないのか。言語が消えれば、泣いても悔やんでも取り返せないが、当事者は泣いてもいないし悔やんでもいない。
パプアニューギニアの文化が考えるように、これは「自分たちの外にある何か大きな力によって動かされた」結果なのだ。

自閉症は津軽弁を話さない リターンズ

「リターンズ」が出ているということで読んでみた。
認知についての話が多く、言語に興味がある私としては、ちょっとわかりにくかった。
しかし、最初に出てきた絶対音感の話は突出しておもしろかった。言語音を絶対音感と相対音感で理解するのは、音声学と音韻論に相当するように思う。
もしこの点を掘り下げた続編が出たら、ぜひ読んでみたい。

自閉症は津軽弁を話さない

新聞の広告を見て、ぜひ読んでみたかった。期待通り、すごくおもしろかった。
ASDや発達障害に詳しくないので、わかりにくいところもあったけど、言語習得に関しては思い当たることとか、なるほどと思うことが多かった。
外国語習得に関して言えば、教科書で習う外国語は、ASDの子がテレビやビデオで共通語を覚えるようなものだ。俗語やいわゆる「こなれた言い回し」は、その言葉が使われる場面で覚えていかないと、ヘタに使って失敗する可能性があるが、反対に言えば、そういう言い回しを自然に使えるということは、その言語コミュニティで自然言語として獲得したという証にもなる。教科書では俗語やこなれた言い回しは覚えられないのである。
言語というのは、どこまでいっても社会やほかの人とのかかわりの中に存在するものだ。外国語をなりわいとする身としては、教科書で習った外国語をどうやって社会とかかわりのあるものにするか、教科書で習った外国語でどうやって意図理解・意図確認ができるようになるか、これがとても重要なのである。

ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~

ビブリアは気に入って欠かさず読んでいたので、シリーズ再始動という新聞広告を見て、すぐに買いに行った。
巻が進むごとに謎が深まる前シリーズと比べると、軽いジャブのような感じで、さらっと読了。
横溝正史はほとんど読んだことがない。死体、旧家、じめじめとかび臭いイメージがどうも好きになれないので。でもそのイメージを持ってるだけで、本作は楽しめます。
ところで、扉子ちゃんを栞子さんの分身と位置づければ、大輔くんに当たる相棒が必要。圭ちゃんがそうなるのかな…。とすると、恋愛要素はなしですね。