40人じゃ外国語の授業はできません

大学で中国語を教えている友人が、1クラスの人数が40人もいて、授業にならないと言っていました。私も以前教えていた学校で同じことを経験しましたし、ほかの友人からは50人超えとか100人(!)とかいう話を聞いたことがあります。

これは大教室でやる一方的な講義じゃないんですよね。語学、しかも初学者のクラス。40人でどうやって発音をきちんとケアできるって言うんでしょう。

私は40人になったときは特に気をつけて発音の練習をさせたつもりでしたが、1年終わってみると、それ以前の20人前後だったクラスと比べて明らかに発音も聞き取りもできていませんでした。かなりショックだったのを覚えています。

第2外国語を開講する学校(大学に限らず、専門学校や高校でも)が増えていて、それは喜ばしいことなんですが、本当に効果の上がる形にして開講しなければ看板倒れになるし、学校の評価を上げることにつながらないと思います。講義系の科目と同じ人数設定で、初学の外国語をやらせることに疑問を感じてほしい。

友人は15人くらいにしてほしいと言ってますが、私も別の学校で12~15人くらいでやったときが一番効果があったように思います。あんまり少なくても、自分の声が聞こえちゃって恥ずかしいのか、大きな声を出してくれないし、20人を超えると1人1人見て回れません。見て回ること自体はできても、20人回る時間がかかりすぎて、ほかの学生が遊んじゃうのです。

今年はコロナウイルスの影響で、友人の大学でもオンライン授業になっているそうです。オンラインならある意味で1対多の講義ではなく、1対1ですが、40人を1人1人発音を見ていたら、やっぱり学生は遊んじゃいますね。ほかの39人を待つのは無理です。

外国語をやる以上、ちゃんと発音の練習をして口に出さないとやったことになりません。「人数が多かったら発音はさらっとで、文法や単語をやればいい」わけではないです。外国語の授業を体育や音楽のように「実技」に位置づけることってできないんでしょうかね。

仕事が入りました

日本の翻訳エージェントはまったく動いておらず、仕事がぴったりなくなりましたが、中国は経済活動が復活しつつあるようで、大量ではないのですが、ぽつり…ぽつり…と仕事が入ります。

何にでもそれを続けてやっていると乗ってくるという感覚があると思います。スポーツで言えば「試合勘」のような。翻訳はスポーツほどではないと思いますが、仕事をたくさん承けている期間は集中力が上がっている感覚があって、「試合勘」に近いのではないでしょうか。でも、これだけ仕事が途切れると、ボケるというか、次に仕事が出始めたときになかなかギアが上がらないのではないかという怖さがあります。

実は中国からの仕事は「知人の紹介だから断るのも悪いし」という感じでもらい始め、とても積極的だったわけではありません。ギャラ自体は日本より少し安いのですが、最初に想像していたほど安くはないし、やれる範囲で引き受けてきましたが、今回は途切れずに仕事ができるということ自体がありがたいです。

COVID-19に関しては、世界中同じ条件なのであまり関係ありませんが、海外からの受注は、リスク分散の意味もあります。引き続きつながっておきたいです。

やはり古漢語は難しいです

先日の古代史関連のトライアルで間違いを指摘されました。出土した文物Cに刻まれている銘文で、「A作B宝貴C」(AとBは人)というものです。接続する的などは当然、ありません。

私は「AはBの高貴なCとする(みなす)」と判断したのですが、連絡があって「AがBに高貴なCを作る」だというのです。

……ということは、作が二重目的語を取っているの!?

と思ったら、そういえばすごーく昔、中国語教室で論語をやったときか、大学院の授業のときか、そんな話を聞いたことがあるような気がしてきました。確かな記憶ではないのですが、間違いないだろうと納得して修正し、提出。指摘してくれた人(中国人)も「古漢語は難しいよね…」と言ってくれたので、少しはほっとしました。

古漢語も勉強したいなあ、しなきゃいけないなあ、と思うのですが、何をどこから手をつけていいのかわからない。日々の仕事ではまずお目にかからないということもあって、なかなか行動に移せません。

でも、せめて辞書くらいは……日本のAmazonでも買えるのが何冊かあります。迷う。



トライアルをやっています(無償だけど)

無償トライアルの依頼がありました。忙しければ断るんだけど、今はコロナのせいであまり仕事がないので、断る理由もない。しかも、内容が古代史の学術書! やらせていただきます!

ふだんならひきうけても「ちっ」と舌打ちの1つでもしながらやる無償トライアルですが、これは勉強になります。時間があるなら、自分で勉強すればいいんですが、自分でやるとどうしてもぬるくなっちゃいますから、ありがたいです。

やっていくと、パソコンで出てこない漢字が2つほどありました。手書き入力してもダメ、持っている紙辞書を全部当たったけどダメ。大きな図書館に行って大漢和辞典を見たらあるかもしれませんが、今は軒並み休館です。前後関係から、固有名詞であることはわかるので、申し送りをして出すしかありません。

翻訳自体は、覚悟していたほど苦労せずにできましたが、背景を理解するのに調べ物が必要で、やっぱり時間と手間が半端なくかかりました。手持ちの本とインターネットだけで調べがついたのは、むしろ奇跡かも。もしトライアルに通って、正式に依頼されたら対応できるんだろうか。如意算盘。

最近の中国語翻訳事情

通訳・翻訳の総本山とも言えるサイマルが「通訳・翻訳ブック」というサイトでさまざまな情報を提供してくれています。

たまに見にいくのですが、「中国語ホンヤクの世界」という記事が数日前に投稿されていたのに気づきました。

 

筆者は北京にも拠点を置いていて、通訳もされているし、そもそもキャリアがまったく違うので1)サイマルの情報は、アッパークラスすぎて、私のような末端の翻訳者にはわからないことが…笑、そうなのか~としか思わない部分もありますが、「中国企業からの委託が増えている」「今後は機械翻訳+人間による校正業務が新たな市場になりそう」などは、私も実感としてあります。

私は今のところ、日本のエージェントからの依頼だけでまあまあの量があるので、中国のエージェントへの登録はあまり考えていません。友人の紹介でフリーの方から中国語→日本語の依頼をたまに受けているだけ。台湾のエージェントには1社登録していますが、たぶん中国と台湾はまた事情が違うでしょうね。

中国のエージェントに登録している人というのは周りにも案外いて、ときどき話を聞きますが、共通しているのが「納期を示さず、送りつけてきて早く早くとせかす」「昼夜関係なく連絡してくる」ということ。私も経験がありますが、中国の仕事のやり方なんでしょう。若くて独身で、時間関係なく対応できる人はいいですが、子どもがいたり、1日のリズムを変えずに夜はちゃんと寝たい人は厳しいです。

とはいえ、中国の市場は魅力がありますね。中国語→日本語は日本人に絶対的アドバンテージがありますし、筆者の方が強調されているように、日本、中国を意識せずに仕事をしていく時代になると思います。

   [ + ]

1. サイマルの情報は、アッパークラスすぎて、私のような末端の翻訳者にはわからないことが…笑