国会図書館に行きました

実務翻訳がメインなので、いつもは技術関係やビジネス関係ばかり訳していますが、たまに学術書や学術論文の翻訳を手がけることがあります。そういうものは引用に気を使います。

先日もある学術的な文章を訳していて、変わった表現にぶつかりました。変わってるというのは、それまでの文体とちょっと違う気がしたということです。

意味はわかったので最初はそのまま訳したのですが、「おもしろい表現だなあ」とひっかかったので、百度で検索にかけたところ、なんと毛沢東の著作にある表現だったのです!!

こうなると、必ず原文にあたらなければなりません。毛沢東の著作なら、すでに日本語訳が出ている可能性も高い。最終的にどういう訳にするかは別にして、訳書があるか探し、あればそれにもあたる必要があります。

さすがに毛沢東の著作なので、原文は百度ですぐに見つかりました。これを訳すわけではないので、どんな内容の本で、どんなふうに使われているかわかれば、まあいいです。

次に書名を手がかりに、日本語訳がないかを探します。こういうとき漢字はありがたい。日本語訳の書名が中国語の書名とほとんど同じであることが多いからです。アルファベット言語はそうはいかないかもしれません。

Amazonでは見つからなかったので、国会図書館のサイトで検索したら、ありました。やっぱり訳書が出ていました。かなり古い本だったのでAmazonにはなかったわけです。先にこっちを探せばよかった。

ということで、国会図書館にでかけて行きました。その本はすでにデジタル化されていたので、館内のPCでデジタル版を見て該当箇所を探し、プリントを申請して、もらってきました。わずか15分。無事に探索終了です。

たった数文字にこれだけの手間をかけなきゃいけないのは、大変と言えば大変ですが、検索してこんなにあっさり見つかったということは、知っている人は知っている表現だということです。私が不勉強で知らなかっただけ。和歌の本歌取りみたいなもので、著者は「この表現、わかるよね」と思いながら使っているわけですから、「はい、わかります」と訳さなければなりません。

手間ひまかけるのが大変というよりも、あのとき「ん?」とひっかかって検索かけてみたのがすごいぞ、自分! とても達成感のある探索でした。

新年早々ショックです

あけましておめでとうございます。

実は、去年1年のバタバタでついに糸が切れ、年末に心の洗濯をしに、北京旅行したのですが(北京旅行については、また後日)、帰ってきたらその反動でさらにバタバタのまま新年に突入しました。要するに、年末年始は仕事です。

28日まで会議、元日は近所へ初詣、2日は七福神巡り(今年は武蔵新田の多摩川七福神)ですが、その合間を縫ってずっと翻訳しています。お仕事ご依頼ありがとうございます。

ところで今回、何段階も字下げをしなければならない文書が1つあったのですが、その過程で大きな壁にぶち当たってしまいました。

先日ATOKと別れてGoogle日本語入力に切り替えたのですが、Google日本語入力でWordを使っているという条件で、インデントを設定するとWordがフリーズしてしまうのです!

最初は何のトラブルなのかわからなかったのですが、あまりに頻発するのでネットで調べたところ、多くの人が同じ現象に悩まされていました。Microsoftのコミュニティを見るとトリガがインデントでない人もいるようですが、いずれにしてもGoogle日本語入力+Wordで突然何もできなくなるという点は共通しています。

Wordは客先の指定なので、変えることはできません。いちいちWordを再起動するか、Google日本語入力をあきらめてMicrosoft IMEを使うしかないのでしょうか。今のところは入力をすべてすませた上で、まとめてインデントを動かすことにしていますが、つい忘れて入力しながらインデントを動かしてしまいます。そしてフリーズ泣。

日本語IMEは仕事の上ではキモのキモです。ほかに方法がないか、ちょっと研究してみようと思います。

 

ATOKをあきらめた理由

長い間、日本語IMEはATOKを使ってきました。使い始めの頃は無料で提供されるIMEにいいのがなく、確実に正しい日本語に変換され、辞書もひけるATOKは翻訳する際に「一択」といっていいほど使い勝手がよかったのです。

最近取り入れられたサブスクリプションではなく、いわゆる「買い切り」を使っていたのですが、今年パソコンを買い替えてソフトウェアも少し新しくする必要が出たので、ついでにATOKも見直そうと思いました。

サブスクリプションを前提に、1か月の試用版を使ってみたのですが、案に相違して、使いにくい! ものすごく!!

私は入力のときに単文節変換をしています。

わたしはにゅうりょくのときにたんぶんせつへんかんをしています。/

というふうに全部打ってから変換するのではなく、

わたしは/にゅうりょくのときに/たんぶんせつ/へんかんを/しています。/

と文節ごとに変換していく方式です。これは大昔、ワープロ専用機を使っていた頃からの癖なので、もう直りません。変換(スペースキー)を押す回数が多くなるとか言われますが、1つ1つ変換を確認しながら進めていけるし、この方が間違いが少ないと思っています。

ところが新しいATOKは、この単文節変換にとてもとても弱いのです。

たとえば、

……経済が非常に好調である。好調の原因は……

なんて打ちたいとします。1つ目の「好調」で変換を確定すれば、2つめの「好調」は1回で変換されるはず。学習機能があるから。でも、されません。2つ目で1回変換すると「校長の」なんかになるのです。

「あっ」と思ってバックスペースで消していって、もう1度「こうちょうの」と打って、1回では「校長の」になると思うから2回変換すると、今度は1回で「好調の」に変換され、結局2回めの変換「校長の」が確定されてしまう…のです。

よく使う同音異義語は、ことごとくこの有様。これは本当に参りました。何か設定があるはずだと思って、いじってみるのですが、変わりません。あれこれ調べていると、まったく同じことを書いてあるブログを見つけました。困ってるのは私だけじゃなかったようです。

実はATOKを使っていてもう1つ問題がありました。

私はkarakで提供してくださっているpinconvを使っています。もうだいぶ長くアップデートされていませんが、基本はテキストエディタなのでさほど困ることはなく、今でも使い続けています。

ところが、pinconvで新しいATOKを使うと、バックスペースを押したときに半角の空白が残るのです。ですから、1文字消すのに2回バックスペースを押して、その半角の空白を消さなければなりません。でも2文字目からは半角空白は残りません。

これも理由がわからない。ほかのIMEでは出ない状況なので、ATOK独自の問題か、pinconvとATOKの相性なのだと思います。

結局、こうした理由でATOKを使うのをやめることにしました。変換キーとかバックスペースとか、キー1つを何回押すかだけのようですが、毎日大量に文字を打つ商売なので、すごく大きな問題です。

今はGoogle日本語入力を使っています。以前に比べて変換が正確だし、単文節変換でもストレスがありません。変換候補の提示も見やすいし、満足しています。

あと、ATOKにサブスクリプションのお金を払わずにすんだのもよかったかな。

 

翻訳者の朝のルーティン

いま流行りの「朝のルーティン」、私はこんな感じです。

目が覚めたらまずふとんの中で顔のマッサージをします。リンパを流すってやつ。ひととおりやるとぱちっと目が覚めます。これは目の疲れがひどいのでやり始めたんですが、全体に顔のむくみがとれて、少し小顔になりました。

Google Homeに声をかけ、天気予報など聞きながら次はストレッチ。昔から腰痛持ちで、数年前にはひどいことになった経験があるので、「簡単で効果あり!」というストレッチをネットで見つけると試してみて、確かに簡単で効果があるなと感じるのをいくつかやっています。おかげで調子いいです。

起きて身支度、朝ご飯、新聞に目を通して、かんたんに部屋を片付けて…という普通の朝。

それからパソコンに向かいます。まずは昨日の日記をevernoteに。何をしたか、何があったかを簡単に書いて、写真を撮っていたらそれも添付します。evernoteは完全に情報収集ツールじゃなく、ライフログになっちゃってますね。家計簿アプリに昨日の出費も記録。

本当は夜やるべきなんでしょうけど、夜はパソコンやスマホの画面をなるべく見ないようにしたいので、翌朝やっています。

新聞で気になるニュースがあったときは、ネットでも見ます。日経を見ることが多いかな。でも無料会員なので読めるのは月に10本まで。有料会員になりたいけど、高いのでずっとこのままです。

それから、定期的に読んでいるブログをひととおり巡回。以前は中国語学習関連のブログをたくさん読んでいたのですが、SNSに移る人が多いのか、更新されなくなってしまったものが多くて、今年に入ってだいぶ整理しました。いま読んでいるのは更新頻度が高いものばかりです。私もせっせと更新しなきゃ。

このへんまで来るとウォーミングアップ終了。さっ、仕事、仕事という気分になっているので、翻訳を始めます。

札幌にいた頃は通訳や講師の仕事もしていて出かけることが多かったのですが、去年首都圏に戻ってからはほぼ翻訳だけになって、だんだんこういうルーティンができてきました。ついでに朝型になりました。午前中が勝負です。

 

繁忙期です

夏から秋にかけての怒濤の出張ラッシュも先週の仙台を最後に終了しました。いつも行って仕事して帰るだけなので、観光などほとんどできず、地元のおいしいものを食べ、駅でおみやげを買うのがささやかな楽しみです。

最近、駅のおみやげ屋さんってすごく充実していますね。仙台も何回か行っていますが、そのたびに珍しいものを見つけられるのでうれしいです。今回は金華サバの生ハムというのを買ってきました。冷凍なので、まだ手をつけていません。楽しみ~

これはおいしい仙台のお寿司。北海道もお寿司はおいしいのですが、ちょっとシャリが大きいのが玉に瑕。だんな曰く「仙台の寿司は垢抜けてる」だそうです。

おいしい思い出に浸っていたいところですが、帰ってきたら仕事が忙しくなりました。今年は8月くらいから受注が増えてると感じてたんですが、10月11月になってさらにその傾向が顕著になっています。

仕事の件数が多いというより、1件の分量が多いです。小さいのをちょこちょこやるより効率がいいのでありがたいですが、納期が読みづらい。何日でできますかとか聞かれても、1週間2週間先のことなんて答えられないなあと思ってしまって、翻訳者としては失格ですね。

今日も2件打診がありました。どちらもかなりボリュームのあるパワポ。パワポは手間がかかるので、若干気持ちは引きぎみなのですが、やれるタイミングで受注したらがんばるしかないです。

パソコンを注文しました

連日翻訳依頼が舞い込み、1日も休めない状況が続いています。合間に武術関係の講義をやったりして、身体も疲れますが、ちょっと気持ちがまいっている感じです。

パソコンはいよいよ危なくなってきました。ごくたまにですが、電源を入れるとモニターの画面が乱れ、操作できずに強制終了(電源スイッチ長押し)をしなければならないことが出てきたんです。

もうダメだー!

大きな買い物をするので、落ち着いた気持ちでよく考えて買いたいのですが、本当に危なくなってきて、そうも言っていられないのと、消費税が上がるのとで、バタバタと注文してしまいました。

とはいえ、先日パソコンショップに行ってアドバイスを受けたときの機種にしたんですけど。ほかのメーカーとの比較をまったくしなかっただけで、いいかげんに決めたわけじゃないので、後悔はしないと思います。

増税前の駆け込み需要らしく、納品まで2週間ほどかかるそうなので、なんとか保ってほしい。とりあえず、すべてのデータを外付けに移し、日々の作業も外付けUSBに保存しているので、万一のことがあればノートパソコンで仕事をします。

新しいパソコンが来るのはいいんだけど、設定やらソフトのインストールやらをしなきゃならないなあ…。忙しいのにたぶん1日仕事。それが今から憂鬱です。

非常に忙しいです

秋から翌年の年度末くらいまでは翻訳の受注が増える、いわゆる繁忙期になります。ところが今年は、少し前倒しで8月から非常に忙しくなりました。

いくつかのエージェントから仕事を受注していますが、不思議なことに大量の仕事が入ってくる会社が毎年1社ずつあります。今年も1社さんから「もうかんべんして」と言いたいくらいの大量の翻訳が入っています。

おもしろいことに2社はないんですよね。こんな大量の仕事が2社から入ったらつぶれちゃいます。

そんなわけで、この秋は非常に忙しいです。まだパソコンも買い換えられていません。でも消費税上がる前に買わなくちゃ。