文学フリマに行ってきました

連休の最終日、文学フリマに行ってきました。 ここ数年は小説もあまり読まなくなっているくせに、なぜと言われそうですが、ことばや文章に関わることを長年やってきたので、DNAが誘うというか。ネットで文学フリマを知ってから必ず行…

Continue reading →

英国王のスピーチ

市民アカデミーで君主制についての講義を受けたときに勧められた映画。中国出張の帰りのフライトで見たんだけど、新元号が決まって、君主つながりで思い出したので書いてみた。 すごくよかった。正直、行きのボヘミアン・ラプソディより…

Continue reading →

1日旅行

新聞やさんで月に1回、抽選をやっています。入ってくるチラシを見てハガキで応募するというレトロなもの。それで先月、都立公園の入場券が当たりました。有効期限切れぎりぎりを待って、桜を見に1日旅行へ出かけました。 まずは浜離宮…

Continue reading →

ボヘミアン・ラプソディ

超・超 話題作。劇場へ行こうかと思いつつ、ぐずぐずしてたけど、中国出張のフライトで見られた(ラッキー)。 天才は怖い。人は未知のもの、理解できないものを恐れるものだと思う。その意味で、フレディ・マーキュリーを怖いと思って…

Continue reading →

富山

たぶん、今年最後の出張。富山に行ってきました。 ホテルから見えた立山はすばらしかった。朝早い集合でブーブー言ってたのが申し訳ない。きれいな景色を見ることができました。 別に城マニアというわけではないけど、観光するとき城が…

Continue reading →

愛を読むひと

ブルガリアに行く飛行機の中で、Amazonプライムビデオで。 美しい映画だった。久しぶりにもう1度見たいと思う映画だった。 ストーリーテラーはマイケルなんだけど、主人公は明らかにハンナだった。ハンナは最初から最後まで謎だ…

Continue reading →