成瀬は信じた道をいく

こんな本読んだ
前作で、成瀬は周りの人に支えられて自分の信念を貫けることを幸せに思っているんだなと感じたけど、今作では成瀬の周りにいる人は成瀬がいることで幸せになっているなあと感じた。
突拍子もない成瀬の行動が痛快ではあるけど、それによってみんなが幸せになっているのがこの作品の魅力なのだと思う。
それにしても成瀬のおとうさん、娘にデレデレすぎ笑。

コメント

タイトルとURLをコピーしました